更新履歴

越南順化巡覧 2012年7月5~8日

ホテル散策

< pre / next >
index / site top

ホテル散策

ホテルに到着すると,ドライバーはフロントまで行っていた。連れてきたことへのリベートなどがもらえるんだろうか。

荷物を一旦降ろし,少し一息ついたところで海へと出てみる。奥さんは朝寝ていたので,彼女はこれが今回初めての海だ。

ポーチから。もう夕暮れ。

18:30,既にホテルの照明も点いている。

サンセットビーチ。

もう誰もいない。

寝そべってみる。一日の疲れもあり,目が自然に閉じる。

目の前の浜辺をつるし天秤をかついで横切る初老の女性。ベトナムだなぁ。

ホテルは既に夜モード。屋外バーが音楽を鳴らして営業を始めた。足を洗ってホテルへ。夕暮れは早く,もう夜になっていた。

プールサイドには欧米人が座っていたが,そろそろ部屋に戻るようだ。スタッフもパラソルを閉じ始めている。

ロビーの奥の水場。夕暮れ時もいい感じ。しばらくここで椅子に身を預ける。

朝食を摂ったレストランも夜モードだ。

さて,いい加減に部屋に戻る。予備バッテリーは今日一日でほとんど使い果たしてしまったようだ。iPhoneを酷使しているんだなぁ…。明日もばりばり使うのでしっかり充電しておく。

コープマートで買ったお菓子。まずはOishi。どこかの国のお菓子に似ているが…(苦笑)。Tomとはエビのこと。かっぱえ○せんとは少し味が違う。エビの香ばしさはどちらかといえば,こちらのほうに軍配が上がるかも。好きずきかな。2年前にホーチミンの街角でこのお菓子の看板を見てから気になっていたのだ。日本円で25円くらいだったかな。


コアラのマーチも。日本円で100円くらいなので,現地人にとっては結構高いお菓子かも。味は日本のと変わらない。隠しコアラなども変わらないが,コアラのプリントがちょっと雑かも。製造はベトナム。


ここも日本と一緒。

ホテル案内を立てているのはかつてのグエン朝に仕えた兵士たち。

風呂に入っているうち,電話がかかってきた。明日のチェックアウト時間を聞いてきたようだったが,ぎりぎりの12時にしておいた。

風呂上がりに明日の予定を固めておく。明日はわりと時間がゆるいので,ざっくりとしか決めていなかったのだ。ホテルはリゾート感があって滞在するには良いのだが,いちいち市街に出るのに時間がかかってめんどくさい。タクシーを使うのも気を張ってしまうので疲れる。

そこで,ホテルが運行しているシャトルバスを使って,市街へ出ることにした。一番早い便で10時。チェックアウトタイムは12時までと決まっているので,10時にチェックアウトし,荷物を預けてシャトルバスで市街へと出よう。ただ,その後どうするかが問題だ。ホテルに16時までに帰ってくるとして,市街での過ごし方と言えば,もう王宮の見学ぐらいしかない。王宮を3時間くらい見学したとして,あとの3時間をどこでどう過ごすか…。昼ご飯を食べる時間があるとしても,あと2時間市街で時間をもてあましそうだ。暑い中うろうろと動き回る体力はもうない。

ところで,ホテルへ戻るバスは一番早くて13:30。その次は16:30で,これではニャットさんとの待ち合わせ時間を過ぎてしまうし,飛行機に間に合わない可能性もある。とすればもう13:30のバスで戻ってくるほかない。であればフエ市街にいられるのは3時間。王宮見学には3時間もあれば充分だと踏んでいる。このタイムスケジュールで動こう。ただし14時にホテルに戻った後,2時間どう過ごすかだがロビーや浜辺で過ごすことにしたい。日陰がなく,落ち着かない街中よりかはホテルでゆっくりと待った方がいいだろう。

残りの問題は明日の昼食の時間だ。10時にバスに乗ると,フエ市街には10:30頃に到着するだろう。王宮の見学が3時間だとすると,ホテルに戻る13:30のバスに乗る前に昼ご飯を市街でとることは不可能だ。とすれば,ホテルで昼ご飯をとるしかない。ホテルの朝食は6:30から10時まで。ならば,9時過ぎという遅い時間に朝食をとっておこう。ホテルのレストランがランチタイムに営業していることも確認した。14時にホテルに戻ってきて,遅い昼食をとれば16時までの間レストランでめいっぱい適当に時間をつぶせるかもしれない。

フロントに電話をし,明日10時のバスと,帰りの13:30のバスに乗ることを伝えた。

これで全て解決した…と思ったら,すぐに折り返し電話が来た。「チェックアウトタイムと矛盾する」ということを言いたいらしい。そこで,チェックアウトは10時,バスに乗ってフエで過ごした後,13:30のバスに乗って戻ることを伝えたが,なかなか理解してもらえない。どこを疑問に感じているのか分からず,互いに苦しんでいると「そっちに行ってもいいか」と言ってきたのでそうしてもらうことにした。

女性スタッフが紙とペンを持ってきてやってきた。英会話がなかなか通じなければ筆談,ということらしい。彼女はタイムテーブルを書き出した。 check out 10am
bus 10am
bus 1:30pm
と書いたところで,既にチェックアウトしているのに,ホテルに戻ってきて,どこで何をするつもりなのか? という疑問を彼女が持っていることが分かった。まず,16時にロビーで人と会うことを説明した。彼はニャットさんという旅行会社の人で,空港まで連れて行ってくれることを説明した。これを納得してもらったが,まだ疑問があるという。16時までホテルのどこで待つのか,部屋は既に引き払っている…ということらしい。なので,「ロビーで待たせてもらう,大丈夫か?」と訊いたところ,もちろん大丈夫だ,とようやく納得してくれた。

互いにたいへん格闘したが,チェックアウトした後,バスで戻ってきても何も問題はないように思えるのだが…。ホテルにはレストランがあり,別に泊まり客以外の利用を禁止しているわけでもない。それにホテル以外にもこの辺りにはレストランはあるし,ホテルの敷地でなければビーチで過ごすことだってできるはず。うーん,結局何を問題にしていたのかよく分からなかったなぁ。時間をもてあますことになってもこっちの勝手だと思うんだよね…。

ホテルの電気が一瞬暗くなった。おそらく停電だったのだろう。ホテル内のバックアップ電源につながったのかもしれない。

風呂に入って,今日のことをメモして22時くらいには就寝した。

SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO