更新履歴

アンコール遺跡・フエ阮朝史跡巡覧 2014年7月12~17日

瑞聖殿

Điện Thoại Thánh

< pre / next >
index / site top

瑞聖殿

瑞聖陵から小道を西に100m進むと瑞聖殿Điện Thoại Thánhがある。その吊前からして,孝康皇后の墓である瑞聖陵に対し,位牌を祀る寝だったのではないだろうか。

どうやらこれが入り口。

階段を登って現れた平らが面が,ここが瑞聖殿の跡であることを物語っている。

70mほどの奥行きのある割と大きめの殿だが,少し先は藪に覆われていて何も分からない。

瑞聖殿の拝庭跡とおぼしき場所には線香が立てられており,現地の人が定期的にお参りしていることが窺える。

瑞聖殿の羅城。東側から撮影。残るのはほとんどこれだけか。

この後光興陵を見学し終えたあと,道を戻って瑞聖殿の西側の小径を進んだところで発見したものがあるので,話は前後してしまうが,この項で記してしまう。

瑞聖殿の西側の小径から分岐する極めて細い道を発見。この方向は瑞聖殿であり,そして上に登っていることから,先ほど藪に覆われて先に進めなかったところへと出るのだろう。

細い道を登りきると,そこには人工物が。ようやく瑞聖殿の一部を見つけることができた。

門の先には,屋根と側壁が落ちた建物があった。この規模からすると瑞聖殿ではなく,ただの人家のように見えるが…。

しかしながら他に建つものはなかった。これ以上散策しても見つからないと判断し,先を急ぐ。陽も照ってきて体力を奪われつつある。それに水もだいぶ消費してしまっている。


ℼⴭ匠⵴偈䘭ⴠ㸭ഊഠ㰊慴汢⁥散汬灓捡湩㵧‰散汬慐摤湩㵧‰楷瑤㵨ㄢ〰∥戠䍧汯牯⌽䙆䙆䙆戠牯敤㵲㸰਍琼㹲਍琼⁤楷瑤㵨㌢∰瘠污杩㵮戢獡汥湩≥㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫㰾偓乁匠奔䕌∽䈠䍁䝋佒乕㩄瀠湩≫㰾灳湡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥ㄱ瑰∻㸠猼牴湯㹧䕓㱏猯牴湯㹧⼼灳湡㰾猯慰㹮⼼㹁⼼摴ാ㰊摴眠摩桴∽㔴∰瘠污杩㵮戢瑯潴≭‾猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慊慶捓楲瑰•牳㵣栢瑴㩰⼯整瑸摡渮瑥ㄺ〰㄰振楧戭湩洯湡条牥挮楧挿瑡来牯役摩〽椦ㄽ•档牡敳㵴猢楨瑦機獩㸢⼼䍓䥒呐ാ㰊潮捳楲瑰㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺琯硥慴⹤敮⽴•慴杲瑥∽扟慬歮㸢戼㰾潦瑮挠汯牯∽〣〰䘰≆䄾㱄是湯㹴⼼㹢⼼㹡⼼潮捳楲瑰㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮嬾剐⁝愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┳㈸䄥╂㍅㠥┳䍂䔥┳㌸㠥┹㙅䄥╆㐹䔥┸䍂㠥☳㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫茾腊荛鑨諤㱲愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯汦睯牥慦⹮潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢풉⼼㹡脠㱀⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣献灵牥猭慥捲⹨灪振㐯欯祥潷摲㼯敳牡档┽㕅㠥┶㝂䔥┳ㄸ㠥┸㕅䄥╆䕂䔥┷䑁㤥∶琠牡敧㵴弢汢湡≫霾苢醦跎㳴愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┶㡂䄥┹㙅䈥┳㤸䔥┵䕁䈥♆㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫褾邷迲㱨愯㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺瘯摩潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫錾覮㳦愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫阾鞳㲿愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺爯湥慴獬牥敶⹲捦⸲潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢貃鎃広讃咃宁澃宁⼼㹡㰠⁡牨晥∽瑨灴⼺猯潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫匾佅⼼㹡⼼摴ാ㰊琯㹲琼㹲琼⁤潣卬慰㵮‴敨杩瑨ㄽ㰾琯㹤⼼牴ാ㰊琯扡敬ാഊ㰊浩⁧牳㵣栢瑴㩰⼯敭楤⹡捦⸲潣⽭潣湵整彲浩⹧桰㽰摩㔽∹ਾ㰍ⴡ‭湅䠭ⵐ⁆ⴭਾ