更新履歴

アンコール遺跡・フエ阮朝史跡巡覧 2014年7月12~17日

光興陵

Lăng Quang Hưng

< pre / next >
index / site top

光興陵

瑞聖殿からさらに西へ60m離れた場所にあるのが,次に向かう光興陵。

瑞聖殿のある小高い丘から降りたところ。田圃を挟んで向かいには雑木林がある。距離と方角を考えると,おそらく光興陵がその中にあるのだろう。田圃へと降り,あぜ道を進もう。水牛が大人しく草を食んでいる。

のどかだなぁと思って水牛にカメラを向けていたら,こちらを見ていた二頭が少しずつにじり寄ってきて,徐々に速度を上げてきた。現地の人とは言葉が分からずともジェスチャーや表情などで意思の疎通はできるが,さすがに動物には何も通じないし,彼らが何を考えているのかも分からず怖い。光興陵があると思われる林の方へと走って逃げた。炎天下で全力で走ったため一気に体力を奪われてしまった。同時に貴重な水も大幅に減ってしまった。

林に入り,小道を少し上ったところで,藪の先に陵があるのが見えた。しかし,付近にそこに至るような道はない。仕方が無いので,行く手を遮る細竹を倒したり,くぐったり,越えたりして何とか陵へと至った。ただの平地であればまだ辛くないが,陵までは上り坂になっている。ここでも体力をかなり使ってしまった。

ようやく光興陵が見えた。

9:16。光興陵Lăng Quang Hưng着。広南阮主5代目賢王Hiền Vương阮福瀕Nguyễn Phúc Tần太宗Thái Tôngの孝哲皇后Hiếu Triết Hoàng hậu宋氏堆Tống Thị Đôiの陵である。幾分狭い拝庭から周りを見渡したが,ここに安全に到達できるような階段などどこにもなかった。拝庭には草は生えていないが,竹の葉が落ちていて誰も掃除していないことが分かる。

門は開いていた。というより扉自体がない。入ってすぐのところに,やはり屏風がある。

陵の内部。もう一つの囲みの中に宝城があるようだ。陵の内部は草が生え放題。

宝城は二段になっているが,極めて低い。やはりあまり管理されていないようだった。

内側から見た屏風。穴が空いているのが気になる。ひょっとするとこれらも弾痕なのだろうか。テト攻勢の際,フエは激戦地になったそうだが,こんなところまで戦渦に巻き込まれたのだろうか。

光興陵を立ち去り,瑞聖殿の方へと戻る。帰りもやはり竹との格闘。今度は下りになるため,それらを越えることはできず,くぐるか押さえて倒すかのどちらかしかない。ひょっとしたらさっきの二頭の水牛が近くまでやってきているのでは,との上安があったが,田圃に出てみると水牛たちはすっかり居なくなっていた。

残る陵はあと2つ。それらを見終えれば,あの浮き橋まで戻るだけ。すでにクタクタ…。


ℼⴭ匠⵴偈䘭ⴠ㸭ഊഠ㰊慴汢⁥散汬灓捡湩㵧‰散汬慐摤湩㵧‰楷瑤㵨ㄢ〰∥戠䍧汯牯⌽䙆䙆䙆戠牯敤㵲㸰਍琼㹲਍琼⁤楷瑤㵨㌢∰瘠污杩㵮戢獡汥湩≥㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫㰾偓乁匠奔䕌∽䈠䍁䝋佒乕㩄瀠湩≫㰾灳湡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥ㄱ瑰∻㸠猼牴湯㹧䕓㱏猯牴湯㹧⼼灳湡㰾猯慰㹮⼼㹁⼼摴ാ㰊摴眠摩桴∽㔴∰瘠污杩㵮戢瑯潴≭‾猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慊慶捓楲瑰•牳㵣栢瑴㩰⼯整瑸摡渮瑥ㄺ〰㄰振楧戭湩洯湡条牥挮楧挿瑡来牯役摩〽椦ㄽ•档牡敳㵴猢楨瑦機獩㸢⼼䍓䥒呐ാ㰊潮捳楲瑰㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺琯硥慴⹤敮⽴•慴杲瑥∽扟慬歮㸢戼㰾潦瑮挠汯牯∽〣〰䘰≆䄾㱄是湯㹴⼼㹢⼼㹡⼼潮捳楲瑰㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮嬾剐⁝愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┳㈸䄥╂㍅㠥┳䍂䔥┳㌸㠥┹㙅䄥╆㐹䔥┸䍂㠥☳㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫茾腊荛鑨諤㱲愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯汦睯牥慦⹮潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢풉⼼㹡脠㱀⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣献灵牥猭慥捲⹨灪振㐯欯祥潷摲㼯敳牡档┽㕅㠥┶㝂䔥┳ㄸ㠥┸㕅䄥╆䕂䔥┷䑁㤥∶琠牡敧㵴弢汢湡≫霾苢醦跎㳴愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┶㡂䄥┹㙅䈥┳㤸䔥┵䕁䈥♆㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫褾邷迲㱨愯㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺瘯摩潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫錾覮㳦愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫阾鞳㲿愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺爯湥慴獬牥敶⹲捦⸲潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢貃鎃広讃咃宁澃宁⼼㹡㰠⁡牨晥∽瑨灴⼺猯潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫匾佅⼼㹡⼼摴ാ㰊琯㹲琼㹲琼⁤潣卬慰㵮‴敨杩瑨ㄽ㰾琯㹤⼼牴ാ㰊琯扡敬ാഊ㰊浩⁧牳㵣栢瑴㩰⼯敭楤⹡捦⸲潣⽭潣湵整彲浩⹧桰㽰摩㔽∹ਾ㰍ⴡ‭湅䠭ⵐ⁆ⴭਾ