更新履歴

アンコール遺跡・フエ阮朝史跡巡覧 2014年7月12~17日

天授右陵・墓

Lăng Thiên Thọ Hữu

< pre / next >
index / site top

天授右陵・墓

ただいま8:20。ということはたっぷり40分も天授陵の見学に費やしたのか…。次は天授陵から北西に500mほど離れた天授右陵Lăng Thiên Thọ Hữu。

手前は月湖で,その先に見える華表柱は天授右陵のもの。月湖は天授陵と天授右陵にまたがって配置されている。月湖の先に小屋が見える。流石にこれは遺跡に関係するものではないだろう。分かりにくいが,小屋のすぐ傍で小舟を浮かべている人がいたので,おそらく作業用の小屋だろう。

天授陵から天授右陵へとアプローチするための小径。この辺りは見学しやすいように道が整備されている。電灯も配置されており,いくらか安心した。というのも,ガイドブックには「嘉隆帝廟は人家から離れた場所にあるため注意すること,女性が一人で訪れるのはおすすめしない《などと物騒なことが書かれていたからだ。私は男性だが,さきほど乗せてもらったバイクタクシーのドライバーにすら警戒していたし,天授陵にたむろしていた男性係員数吊が自分を凝視していたのには,実はかなりの恐怖を感じていた。この辺りではあまり人とは出会いたくないと思っていた。

ベトナム人に自分がどのように見えるのか分からないが,あまり腕っ節が強いほうではないことを自覚している。眼鏡を破壊された上で荷物を奪われたら,自分はどうしようもなくなってしまう。このあとは観光客に対して決してフレンドリーではないルートを辿って陵墓を巡ることになるので,いっそう警戒心を持つようにつとめた。しかし,結果論ではあるかもしれないが,このことは杞憂であった。詳しくは後述していく。

天授右陵の墓部分が月湖の向こうに見えるようになった。Google Mapsの航空写真を見て場所を把握してきているので,想定していたところに想定していたものがあると安心する。

少しルートを外れた。何かの門が見えたのでちょっと立ち寄ってみた。先ほど見た天授陵の寝部分の背後に位置する門のようだ。

小径は石畳となってきた。散策ルートとして整備されていてほっとする。

天授右陵の墓部分。ここに眠るのは嘉慶帝の第二皇后であり,ミンマン帝の生母である順天高皇后Thuận Thiên Cao Hoàng hậuである陳氏璫Trần Thị Đang。おそらく子がミンマン帝として即位したので,彼女が皇后となったのだろう。

墓部分はかなり崩壊している。これから整備していくのだろうか。宝城門は閉じられていたし,状態を見て上に登るのは遠慮した。また,まだ9時前だというのに暑くなってきたからでもある。水を2本ほど持ってきているが,どれほどもつか分からない。まだ陵墓巡りは始まったばかり。歩いてあの浮き橋まで戻らねばならないのだから。体力を温存していこう。

ℼⴭ匠⵴偈䘭ⴠ㸭ഊഠ㰊慴汢⁥散汬灓捡湩㵧‰散汬慐摤湩㵧‰楷瑤㵨ㄢ〰∥戠䍧汯牯⌽䙆䙆䙆戠牯敤㵲㸰਍琼㹲਍琼⁤楷瑤㵨㌢∰瘠污杩㵮戢獡汥湩≥㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫㰾偓乁匠奔䕌∽䈠䍁䝋佒乕㩄瀠湩≫㰾灳湡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥ㄱ瑰∻㸠猼牴湯㹧䕓㱏猯牴湯㹧⼼灳湡㰾猯慰㹮⼼㹁⼼摴ാ㰊摴眠摩桴∽㔴∰瘠污杩㵮戢瑯潴≭‾猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慊慶捓楲瑰•牳㵣栢瑴㩰⼯整瑸摡渮瑥ㄺ〰㄰振楧戭湩洯湡条牥挮楧挿瑡来牯役摩〽椦ㄽ•档牡敳㵴猢楨瑦機獩㸢⼼䍓䥒呐ാ㰊潮捳楲瑰㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺琯硥慴⹤敮⽴•慴杲瑥∽扟慬歮㸢戼㰾潦瑮挠汯牯∽〣〰䘰≆䄾㱄是湯㹴⼼㹢⼼㹡⼼潮捳楲瑰㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮嬾剐⁝愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┳㈸䄥╂㍅㠥┳䍂䔥┳㌸㠥┹㙅䄥╆㐹䔥┸䍂㠥☳㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫茾腊荛鑨諤㱲愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯汦睯牥慦⹮潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢풉⼼㹡脠㱀⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣献灵牥猭慥捲⹨灪振㐯欯祥潷摲㼯敳牡档┽㕅㠥┶㝂䔥┳ㄸ㠥┸㕅䄥╆䕂䔥┷䑁㤥∶琠牡敧㵴弢汢湡≫霾苢醦跎㳴愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┶㡂䄥┹㙅䈥┳㤸䔥┵䕁䈥♆㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫褾邷迲㱨愯㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺瘯摩潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫錾覮㳦愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫阾鞳㲿愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺爯湥慴獬牥敶⹲捦⸲潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢貃鎃広讃咃宁澃宁⼼㹡㰠⁡牨晥∽瑨灴⼺猯潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫匾佅⼼㹡⼼摴ാ㰊琯㹲琼㹲琼⁤潣卬慰㵮‴敨杩瑨ㄽ㰾琯㹤⼼牴ാ㰊琯扡敬ാഊ㰊浩⁧牳㵣栢瑴㩰⼯敭楤⹡捦⸲潣⽭潣湵整彲浩⹧桰㽰摩㔽∹ਾ㰍ⴡ‭湅䠭ⵐ⁆ⴭਾ