更新履歴

アンコール遺跡・フエ阮朝史跡巡覧 2014年7月12~17日

天授陵・墓

Lăng Thiên Thọ

< pre / next >
index / site top

天授陵・墓

天授陵は寝,墓,碑亭の3つの部分が南を向いて東から西に並んでいる。これから真ん中の墓部分へ向かう。各部分は整備された遊歩道で連絡している。

墓部分の拝庭は六層から成る。

外庭には死後も皇帝に仕える文官(員弁石形),武官(侍衛石形),石馬,石象が左右に並んでいる。象もいるのがベトナムらしい。

石室のある場所を宝城と言う。宝城への入り口である宝城門にはカギがかかっていたので,墓の後ろの丘に登って内部を見てみる。

外側に階段があり,裏側へ登っていける。

外側から撮った拝庭。

左側の方形した構造体が宝城で,その背後を取り囲むかのように,右側に弧のかたちをした巨大な衝立?がある。これらの間に入ってしまうと壁ばかりで何も分からなくなるので,弧のさらに背後へと周りこんでみる。

北東から撮ったところ。宝城は二重の外壁によって囲まれ,二つの石室が並んでいるのが分かる。これは嘉慶帝と第一皇后である承天高皇后Thừa Thiên Cao Hoàng hậu宋氏蘭Tống Thị Lanのもの。阮朝の皇帝陵で皇后と二つ並んでいる墓はこの天授陵のみ。

なお,承天高皇后は二代目皇帝の生母ではなく,皇太子であった阮福景Nguyễn Phúc Cảnhの生母。阮福景は嘉慶帝の吊代としてフランスに行き,外交を担当していたが夭折し,二代皇后の産んだ四子阮福晈Vua Minh Mạngが二代目皇帝位に就くことになる。それが聖祖仁皇帝,つまり明命(ミンマン)帝。

真後ろに立ってみた。月湖の先に立つ二対の華表柱は,天授陵の中心となっている墓と対になっているのが分かる。

割と高いところにいる。柵も無いため慎重に歩く。

墓のすぐ西にある碑亭が見える。これから向かう。


ℼⴭ匠⵴偈䘭ⴠ㸭ഊഠ㰊慴汢⁥散汬灓捡湩㵧‰散汬慐摤湩㵧‰楷瑤㵨ㄢ〰∥戠䍧汯牯⌽䙆䙆䙆戠牯敤㵲㸰਍琼㹲਍琼⁤楷瑤㵨㌢∰瘠污杩㵮戢獡汥湩≥㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫㰾偓乁匠奔䕌∽䈠䍁䝋佒乕㩄瀠湩≫㰾灳湡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥ㄱ瑰∻㸠猼牴湯㹧䕓㱏猯牴湯㹧⼼灳湡㰾猯慰㹮⼼㹁⼼摴ാ㰊摴眠摩桴∽㔴∰瘠污杩㵮戢瑯潴≭‾猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慊慶捓楲瑰•牳㵣栢瑴㩰⼯整瑸摡渮瑥ㄺ〰㄰振楧戭湩洯湡条牥挮楧挿瑡来牯役摩〽椦ㄽ•档牡敳㵴猢楨瑦機獩㸢⼼䍓䥒呐ാ㰊潮捳楲瑰㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺琯硥慴⹤敮⽴•慴杲瑥∽扟慬歮㸢戼㰾潦瑮挠汯牯∽〣〰䘰≆䄾㱄是湯㹴⼼㹢⼼㹡⼼潮捳楲瑰㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮嬾剐⁝愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┳㈸䄥╂㍅㠥┳䍂䔥┳㌸㠥┹㙅䄥╆㐹䔥┸䍂㠥☳㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫茾腊荛鑨諤㱲愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯汦睯牥慦⹮潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢풉⼼㹡脠㱀⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣献灵牥猭慥捲⹨灪振㐯欯祥潷摲㼯敳牡档┽㕅㠥┶㝂䔥┳ㄸ㠥┸㕅䄥╆䕂䔥┷䑁㤥∶琠牡敧㵴弢汢湡≫霾苢醦跎㳴愯‾愼栠敲㵦栢瑴㩰⼯捦⸲畳数⵲敳牡档樮⽰⽣⼴敫睹牯⽤猿慥捲㵨䔥┶㡂䄥┹㙅䈥┳㤸䔥┵䕁䈥♆㵸☰㵹∰琠牡敧㵴弢汢湡≫褾邷迲㱨愯㰾琯㹤਍琼⁤污杩㵮楲桧⁴慶楬湧∽潢瑴浯•潮牗灡猠祴敬∽潦瑮猭穩㩥㈱硰㬢癯牥汦睯栺摩敤㭮㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺瘯摩潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫錾覮㳦愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺是㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫阾鞳㲿愯㰾⁡牨晥∽瑨灴⼺爯湥慴獬牥敶⹲捦⸲潣⽭•慴杲瑥∽扟慬歮㸢貃鎃広讃咃宁澃宁⼼㹡㰠⁡牨晥∽瑨灴⼺猯潥昮㉣挮浯∯琠牡敧㵴弢汢湡≫匾佅⼼㹡⼼摴ാ㰊琯㹲琼㹲琼⁤潣卬慰㵮‴敨杩瑨ㄽ㰾琯㹤⼼牴ാ㰊琯扡敬ാഊ㰊浩⁧牳㵣栢瑴㩰⼯敭楤⹡捦⸲潣⽭潣湵整彲浩⹧桰㽰摩㔽∹ਾ㰍ⴡ‭湅䠭ⵐ⁆ⴭਾ