更新履歴

アンコール遺跡・フエ阮朝史跡巡覧 2014年7月12~17日

長興陵

Lăng Trường Hưng

< pre / next >
index / site top

長興陵

ニンさんと合流し,次も小さな陵墓を訪問する。Google mapsで現在位置を確認しながら地図と照らし合わせていると,どうやら通り過ぎてしまったようだ。車を駐めてどうアクセスするか相談。最近できたバイパス的な立派な道路だが,あまり車が通らないのでニンさんは路肩に寄せることもしない。

道の右の方にあることは地図から分かるのだが,今いるバイパス道路は高架であるため直接アクセスできない。そこで「さっき脇道が見えた」とニンさんに伝えて戻ってもらう。なんとニンさんはバックで戻った。いくら通りが無いからといっても結構無茶をするなぁ。

脇道を確認できたので,その舗装されていない道を進む。人家の無いようなところだったが,偶然人が通りかかったのでニンさんが聞き込みをしてくれ,ニンさんはここだろうというところで車を止めた。

10:53。最後の陵墓を見終えてから30分以上経過してしまっている。予定ではこの辺りの3つの陵墓を巡り終わっているはずだった。次の陵墓がこの付近にあると確信できたわけでもないので,今後の予定をいくらか変更しなくてはなるまい。

衛星写真の地図を見るとすぐにアクセスできそうに感じるが,実際の地形には高低差があるうえ,陵墓が林などに囲まれていると陵墓の姿がまるまる隠れてしまい,方向が分からなくなる。見積もりが甘かった…。

なぜか自分の車を撮影するニンさん。私がほっしゃん似だと思ったのが分かるかと思う。NOKIAのガラケーとAndroidの両刀使い。GAPのTシャツとジーンズを着ていて,身なりからも高給取りであることが伺える。昨日ホテルに支払った車のチャーター料金は80ドルだった。ベトナム人の平均月収は400ドルらしいので,20日で割って日給を20ドルとすればチャーター料金は4日分に相当し,日本で考えると約4万円の価値がある。ニンさんは普段タクシードライバーであると言っていた。タクシー会社を通してニンさんに仕事が依頼されているのか,それともホテルから直接ニンさん個人に仕事が依頼されているのかは分からないが,もし後者だとすればホテル側がいくらかマージンを取っているにしても,ニンさんに入ってくる金は相当なものだと思う。

自分一人で陵墓に向かおうと思っていたら,ニンさんもついて来てくれた。いざという時安心だ。

方角はぴったり合っていた。車からさほど離れていない場所であっさり見つかり,思っていたより簡単に到達できた。第5代広南阮主阮福瀕Nguyễn Phúc Tầnが改葬されている長興陵Lăng Trường Hưng。あっさりと見つかったとはいえ,写真を見れば分かるように陵墓は木々に囲まれており,ここに辿り着くのにまともな道はない。

陵墓に至る階段はコンクリート造りであり,後に造られたものではないか。各ステップには落ち葉が溜まっており,定期的に管理されてはいないようだ。

一段目の左右には植木鉢が3つずつ据えられている。

入り口向かって右手に据えられた新しめの石碑によってここが確かに長興陵であることが分かる。

Lăng Trường Hưngと刻字されたプレートが設置されていた。間違いない。

他の陵墓と同様に門を入ると屏風。

屏風の先には囲いがあり,その中に宝城がある。内部は木々が生い茂っている。自然に生えたとも思えないので,おそらく子孫が植えているのではないかと思う。

囲いの内部。つい最近になって子孫により改修されたようだが,もともとのスタイルを無視したかたちとなっているとのこと。

石碑の先に二段(三段?)の墓。囲いを隔てて向こう側にも屏風がある。

生い茂る木々を抜けて裏側の屏風を見た。

一通り見たので車のところへと戻る。ニンさんは携帯にかかってきた電話に対応中。

季節によって印象は変わると思うが,長興陵はあの林の中にたたずんでいる。


SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO