更新履歴

フエの陵墓・王府祠堂巡覧 2015年3月6~10日

昭儀夫人陵・墓

mộ Chiêu Nghi phu nhân

< pre / next >
index / site top

昭儀夫人陵・墓

昼食後,再び陵墓探索を開始。次は慈孝寺の北に位置する陵墓。昨年も探索したが,ユンさんの勘違いで名前が若干似ている無関係の寺を見学させられたため,失敗に終わっている。今年はそのリベンジ。

ユンさんの記憶はすさまじく,「また行きたいのか?」と言われてしまったので,「いや,実は別なんだ」と道をガイドしていく。そろそろ見えてくるというところで,道は大きく右へとカーブし,ほとんど真東の方向に向かってしまっている。陵墓は真北にあるはずなので方角がおかしい。すぐさま適当なところで車の進行方向を変えてもらう。かなり細い道なので大変だ。

先ほど「急なカーブ」と思っていたところは実は丁字路で,真西にも道は延びていた。ただし真西への道は細い上,伸び放題の草によって視界が阻まれると同時に,真東へのカーブがあまりにもスムーズなので,南から来ると真西への道の存在を認識することが難しい。ユンさんもこの「からくり」には驚いたようで笑っていた。

真西に伸びる道に入った途端,右手に陵墓を見つけることができた。陵墓はかなり大きいのだが,草などで視界を遮られると,まったく分からない。陵墓探索の難しさの原因のほとんどはこれだ。

13:00。陵墓の前に立派な石碑が建っていた。ここは昭儀と謚された八代阮主阮福濶Nguyễn Phúc Khoátの夫人の墓。阮主の,しかも夫人の墓としては立派だし,何より碑まで建っている点で興味深い。帰国後じっくり読むため,碑に刻まれた漢文を撮影した。

地図中央の方形の領域がこの陵墓。

手前に小さな祠のようなものがあるが,第七皇子などと刻まれていたので,阮福濶の息子のものかもしれない。

他の陵墓とは違って,まずアーチの無い門を備えた城壁があり,内部の城壁にアーチのある門がある。しかも屏風もない。だいぶ変則的だ。

最初の門を過ぎたところで左右を見たところ。囲いの間は苗木のようなものが整然と植えられていた。しかも柵がしつらえてあるうえ,トゲのある植物が植えられていて,誰かが意図的に進入を阻んでいる。隠し畑ということなのか? こういうところを耕していいものなのだろうか…。

内部には宝城。内側の城壁はかなり低かった。これもこの陵墓の特徴だ。


宝城から門の方を振り返ったところ。宝城前には祭壇があり,内部の城壁内も畑と化していた。なぜかユンさんがこちらを振り返って見ていた。


SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO