更新履歴

フエの陵墓・王府祠堂巡覧 2015年3月6~10日

国子監趾

Quốc Tử Giám xua

< pre / next >
index / site top

国子監趾

アンヒエン園宅から西へ。フエ観光の定番ティエンムー寺院を過ぎ(相変わらず観光バスなどで賑わっていた),廃墟へ。

15:35。ここは国子監という儒学の大学があったところ。今はほとんど何も建っていない。奥の丘にたくさん建っているのは一般人の墓。


地図中央の広場が国子監趾。

科挙合格者を記す碑が建っていた。「武功」で始まる碑もあった。武人を顕彰するものでもあるようだ。


他に井戸。


廟のようなものが。ここがかつての大学跡で,今は廟になっているということ?

少し離れたところにあった墓。


「安慶郡公」で始まっているので皇族かと思ったが,後に「開墾阮氏」うんぬんとあるので,どうやら一般人のようだった。

国子監跡の隣の武廟も見学したかったが,門が閉じられていて適わなかった。仕方がないので最後の見学先に行ってもらう。現在15:40。少し離れたところにあるが,16時に到着したとしても見学に時間がかかるとは思えない。当初は17:30終了予定だったのでかなり早く終わることになる。

最後の行き先というのは鎮平台Trấn Bình đàiと言い,王宮の真北にある。非常に変わった形の堀を備える,かつての軍事要塞。ユンさんの車は旧市街を走るが,ちょうど夕方のラッシュが始まる頃で,バイクの量が増え出した。

20分かけて鎮平台の近くに来たが,行き先は金網でふさがれていた。ものものしいので,「政府関係の建物なのか?」と訊くと,ユンさんは「army」と言った。ここ以外に鎮平台に至る道は無いらしい。相手が軍ならかなわないのでここで今日の行程を終わることにした。

帰国後知ったことだが,鎮平台は今も軍事的に重要視されていて,軍の管理下にあり,一般人の立ち入りはできないのだという。

王宮の外城に設けられた門の一つを撮影して終わり。逆光…。


このあとレストランで夕食をとるつもりだったが,現在16時でまだまだ早いのでホテルに戻ることにした。途中でスーパーに立ち寄って買い物をし,ホテルの前でお別れ。さっきスーパーで買ってきたフエのローカルビール2缶とチップをユンさんに渡した。

部屋に戻ったのはまだ17時前。荷物を置いて整理し,少し休憩しよう。風邪を引いていて体調が悪かったが,この季節はさすがにまだ暑くない(とはいえ正午前後は厳しいが…)。昨年よりずっと楽だったと思う。盛りだくさんの予定で,今回もまた繰り越しが大量に発生するのではと思っていたが,ほとんどクリアできた。満足だ。

18時を回ったのでホテルを出てJardinsというレストランへ。完全に外国人向けのレストラン。トリップアドバイザーでも上位の評価を得ている。昨年はここでピザを食べたが,今回はフエの伝統料理コースを頂く。


蟹のスープ。うまーい。


昨晩もホテルで食べたバイン・コアイ。ホテルでは食べやすいように切ってくれていたが,ここでは切り込みがないので,ぐずぐずに崩すしかない。ホテルと比べると具が少なくて,ばりばりの皮を食べているような感じだった。残念。


茹で海老。ライムを搾った胡椒たっぷりのソースにつけて食べる。勿論うまい。


野菜とイカの炒め物。


ロットという葉で包んだ牛肉。以前食べたことがある。うまい。


最後にデザート。バニラアイス。ごちそうさま。


ホテルに戻って汗を流そう。

風邪を理由にベトナムでは酒を飲んで来なかったが,今日は一缶だけ頂くことにした。先ほどスーパーで買ったものを冷蔵庫で冷やしておいたのだ。ユンさんに渡したビールはこれ。昨年ユンさんの好みのビールを訊いていたので,これを渡したのだった。


今回もユンさんのお蔭で陵墓を回れた。実は慎重さに欠けて漏れてしまった陵墓が2つほどある。しかしそれを理由に来年フエを再訪するようなことはないだろう。充分フエには来た。

明日はフエ最終日。自転車でフエ市内に点在する阮朝宗室の旧邸宅を回る。交通事故にだけは気をつけて走ろう。そんなに時間はかからないとみられるので,ホテルを8時に出発すれば充分だろう。あまり急いで見て時間を余らせてしまっても,チェックアウト後なので行き場を失う。

風邪をひいていることもあり,今日も21時頃には寝てしまった。ただし0:30に一度起床し,ホーチミンから成田までのフライトのオンラインチェックインを済ませた。たかが5時間程度のフライトだが,邪魔されずにゆっくり寝たいので窓側とした。短時間なのでトイレの心配はない。


SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO