更新履歴

フエの陵墓・王府祠堂巡覧 2015年3月6~10日

長清陵

Lăng Trường Thanh

< pre / next >
index / site top

長清陵

ユンさんの車で再び移動する。まずザロン帝廟の方に向かって1.5kmほど走り,600mほど枝道を行ったところが次の陵墓。てっきり車で通れる道かと思っていたが,先ほどの長泰陵には歩くしかなかったため,車で行けなかったらどうしようと思っていた。ユンさんも同じように不安を抱いていたようだが,枝道は車が通れるほどの幅があり,2人とも胸をなで下ろした。

枝道への入口には,次に訪問する陵墓の名「Lăng Trường Thanh」(=長清陵)を掲げた看板があった。阮朝皇帝の陵墓でもないのにこの扱いは凄いと思う。阮主の陵墓もそろそろ観光資源として整備し始めるということだろうか。

長清陵は衛星写真で見るかぎり林に囲まれているので,道からは見えず,またもや丘の上にでもあるのではないかと,車を超低速で走らせながら右手の方を注視していたが,そこに突如現れたのは…。

長清陵はこんなにも分かりやすい場所にあった! ユンさんも陵墓の発見と接近の苦労は分かっているので,二人とも気が抜けたような声を出してしまった。「簡単だったな!」。まるで神社の参道のような階段ではないか。すっかり拍子抜けしてしまった。


[

8:40。長清陵に至る階段は草に埋もれることなく,アクセスは非常にたやすかった。おそらく管理が行き届いているのだろう。その証拠に…。

門は扉で閉じられていたのだった。扉が閉まっているだけで,鍵はかかっていないというパターンを期待したが,それは脆くも潰えた。かなり修復の手が入っているように見えた。


この長清陵は,六代阮主阮福シュウ(さんずいに周)Nguyễn Phúc Chuの陵墓である。

ユンさんは先ほどの長泰陵探訪がこたえたのか,「ちょっと休む」と言って階段に腰掛けて煙草を吸い始めた。私はまだまだ元気なので,周辺を少し探索することに。長清陵向かって左側には小さな祭壇が。しかし文字資料は一切なく,正体はよく分からず。


ユンさんが「朝飯は食べたのか?」と訊いてきたので,「ユンさんは?」と聞き返すと「まだだ」とのこと。空きっ腹に長泰陵探訪はきつかったに違いない。申し訳ないと思ったので,「じゃあこの後に予定しているミンマン帝廟の見学の間,どこかで朝ご飯を済ませてくれ」と言った。


SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO