更新履歴

フエの陵墓・王府祠堂巡覧 2015年3月6~10日

慈宮陵

Lăng Từ Cung

< pre / next >
index / site top

慈宮陵

陵墓を一つ諦めたし,バオダイの母親の陵墓も未訪のままだが,この付近に散在する陵墓のほとんどを探索することができたので,とりあえずほっとした状態で思陵でユンさんと合流。ユンさんも興味があるだろうと思って,「ヤロン(ザロン帝)の息子の墓があったぞ」と伝えたのだが,ユンさんはなにやら興奮していてそれどころではなく,「大きな陵墓が見えたぞ」と。

ユンさんが指さす先は思陵と田圃を挟んで向こう側の丘。先ほど行こうとして失敗した慈宮陵ではないかと思っていたものだ。田圃のあぜ道を進むのは嫌なので,田圃を迂回することで辿り着けるのではないか,と思っていたのだが,実際には玉山公主の陵墓に行き着いてしまったのだ。確かに木々の間に羅城が見える。


迂回しても失敗したなら,このあぜ道を行くしかない。実際方向が分かっているあぜ道ルートの方が確実だし,最短距離を進めば良い。「ここまで来たらいくしかないよね…」と日本語でつぶやいて,ユンさんを置いて一人で行くことにした。こうなったら田圃を突っ切るしかない。だが田圃に付き物なのが用水路で,それを越えられないと陵墓が見えていてもそこまでたどり着くことができない。一か八かになる。

11:25。這々の体で陵墓にたどり着いた。先ほどの玉山公主の陵墓とは大きさが桁違いだし,華表柱が建っていることから,これが慈宮陵で間違いない。広すぎて2つの華表柱を一緒に写真に収めることは不可能。


残念ながら扉が閉まっていて内部を見学することは不可能だった。

門の前で振り返ったところ。陵墓に到る道は石畳になっているのだが,その先はまったく整備されていない。


陵墓で見つけた装飾。


さて,慈宮陵までの道のりは険しかったが,往路ではたどり着くことを優先していたため,どれだけ大変だったかを伝えるために撮影できず,到着までのことを端折ってしまった。そこで余裕のできた復路を撮影したので紹介する。

慈宮陵へは獣道程度の細い道でアクセスする。


枯れ葉の積もった林の坂道。行きは登り,帰りは降り。どちらも枯れ葉が滑って危ない。


枯れ葉の坂道を下ると用水路。分かりづらいが二重になっていて,手前側は幅が狭く,先は広い。


手前の用水路は難なく越えることができる。


先の幅の広い用水路を越えるのは難しいので,大きく迂回してポイントを探す。


田圃を挟んで向こう側に思陵がある。


迂回すると写真のような土嚢が積まれているポイントがある。まるで人が掴むために刺さっているかのような竹があり,農業従事者がここで用水路を越えているのは紛れもない。


用水路を越えたところで,おっちゃんと遭遇。挨拶すると笑顔を返してくれた。途中まで彼と一緒。左方向に延びるあぜ道を進むとユンさんの待つ同慶帝の陵墓前まで戻れる。


あぜ道は狭いうえにもろいので,バランスをとりながら歩かないと田圃に落ちる。慎重に歩いて思陵前まで戻った。


ユンさんと合流するなり「どうだった?」と訊いてきた。「あれこそがバオダイの母の墓だったよ」と言うと,「やっぱりそうだよな! バオダイの母の墓があんなに小さいわけがないと怪しんでいたんだよ」と納得していた。


SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO