更新履歴

フエの陵墓・王府探索 2016年2月18~23日

孔子廟

Khổng Tử

< pre / next >
index / site top

孔子廟

地球の歩き方を持っていくのはしんどいので,地図のページを撮影し,身軽な格好で繰り出すことにした。

まずは一度街の西のはずれの孔子廟に行ってみる。先ほど車で出かけた時,存在が気になっていた。

思いっきり逆光で,門を正面からうまく撮影できない。かなり日差しが厳しい…。殿宇の前に池があり,橋がかかっている。私以外に訪問している人はいない。ホイアンは小さい街のわりに観光客の数が多く,歩きにくく感じる箇所もあるのだが,ここは人気を感じず,気味が悪いくらいだ。

派手な屏風には麒麟の装飾。四本の華表柱が立っている。

殿宇は一見中国風であるが,フエによくあるベトナム流。

中には,テト,つまり旧正月を祝うレリーフがあったが,ベトナム労働党のマークやホーチミンの胸像がしつらえてあるのが気になる。どう見ても孔子廟ではない。一体どういうことだ。先ほどの門には,確かに「孔子廟」との額がしつらえてあったのに。

孔子廟の道を挟んで向かいに立っていた記念碑。「DAI KY NIEM」とあり,どう見ても「記念台」だ。「danh nhân chí sĩ Quảng Nam」は「クァンナム(広南)省の志士・名人」というところだろう。UBNDは「Ủy ban nhân dân委班人民」の略で人民委員会,つまり地方行政機関。khởi công着工が1993年4月。塔には「廣南名人志士記念臺」と漢字で書かれていた。台は池の中に立っている。


ホイアンの街の入口には,旧正月を祝う飾りが。


またプロテスタントの教会Nhà thờ Tin Lànhもある。


バイク・車の進入が禁止された歩行者天国エリアは静かな上歩きやすい。

5年前にも見た屋根付きの日本橋。この辺りはホイアンのハイライトで,かなりの人が歩いている。西洋人も多いが,日本語も聞こえてくる。


「潘祠堂」。ホイアンの共通チケットで入るところか? 事前情報なし。


歩行者天国ゾーンは歩きやすいが,そのほかの道では夕方のラッシュが開始された頃で,夥しい数のバイク・車の往来で歩きにくい。

SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO