更新履歴

フエの陵墓・王府探索 2016年2月18~23日

前前朝婕妤楊氏亗寝

< pre / next >
index / site top

前前朝婕妤楊氏亗寝

小径をすり抜けていくと,こんな道に出た。明らかに農道。周りは田圃だらけ。しかしGoogle Mapsはこの先を進めと言っている。車は絶対に通れない幅,自転車やバイクですらすれ違いが難しい。あぜ道に毛が生えた程度の道だが,Google Mapsにはしっかりと道として記載されている。

上の地図でも分かるように,この道は田圃を突き抜けている。私は北東からやってきた。

途中で何台かのバイクとすれ違い,なんでこんなところに来ているんだという視線を向けられてしまった。

ひたすら自転車を漕いだところで,思いも寄らないものがあった。陵墓だ。しかも2つ。単にショートカットするつもりでこの道を通っていたのだが,図らずも収穫があった。

墓碑には「前前朝婕妤楊氏亗寝」とある。「前前朝」というのは,2代前の皇帝の時代のことを言う。「婕妤」は皇帝の夫人の位で,したがって「楊氏亗」とは女性の名前である。阮朝皇帝の妻室のうち,楊氏姓を持つのは嘉隆帝の婕妤である楊氏事・楊氏養,成泰帝の婕妤である楊氏Dương Thị Ngọtの3人しかいない。

もう一つは進入不可だった。城壁が低いので,中の様子を覗ける。やはり新しめのものだ。屏風には大きく「福」とあり,その下の銘板にはクオックグーで「trùng tu mua thu nam ất dậu」とあり,「乙酉年秋に補修」という意味。誰が祀られているかの情報ではなかった。

もう一つ,畑の中にも小さな墓があった。

墓碑の上部にはクオックグーで「Phòng Định Viễn Quận Vương」とある。おそらく「定遠郡王房」ということだろう。「定遠郡王」というと,嘉隆帝の第6子阮福昞Nguyễn Phúc Bínhということになる。生母は婕妤楊氏事ということだから,先ほどの「前前朝婕妤楊氏亗寝」の楊氏とは,定遠郡王の生母楊氏事なのだろう。

ただ,皇帝の子の陵墓がこんなに小さいはずがない。墓碑の中央には「phùng thị tú」とある。ミドルネームが「thị」なので女性の陵墓なのだろう。おそらく定遠郡王の妻の一人だと思われる。漢字では「馮氏琇」などとなるだろうか。ベトナム語の理解が覚束ないため,あまり確定的なことが言えないのが残念だ。

道にバイクや自転車を駐め,みなさん農作業に勤しんでいる。

あぜ道を抜けてThanh Nghị通りに出て,今度は北上。Nguyệt Biều通りへと入る。この通りに王府が存在するらしいが。

Nguyệt Biềuの71番地,「祠門」とある派手な門を見つけた。階段の両端には蟠龍,ということは阮朝関係のものなのだろうか。

Nguyệt Biềuの22番地,屏風のある建物。これも王府なのだろうか。門はない。

Nguyệt Biều通りを北に出て,今度はBùi Thị Xuân通りを東へ進みLong Thọ通りへ入る。

巨大な工場を過ぎ,少し進んだところで屏風が。Long Thọ通りの27番地。その先の建物は王府っぽくはないが,劣悪な復元だろうか。

SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO