更新履歴

フエの陵墓・王府探索 2016年2月18~23日

豊国公之寝

Phong Quốc Công

< pre / next >
index / site top

豊国公之寝

航空写真で確認できた陵墓らしきもの。中に門のようなものが見えているので,おそらくこの塀の中がそうなのだろう。入口を見つけるため,脇道に入っていく。

門はあったものの残念ながら閉じられていた。ただし鍵はかけられておらず,留め金を外せば扉は開く。迷惑にならないよう短時間で中の見学を済ませることにした。

たくさんのニワトリが放し飼いになっていた。ということはこの門以外にも出入り口があるということか?あるいはニワトリであれば問題無くすり抜けられる箇所があるということか? 左手に連なっている丸いものも,おそらくは墓なのだろう。

個人の共同墓地かとも思ったが,墓碑を見ると確かに阮朝関連の陵墓であることが分かった。左の墓碑には「豊国公房第四公女~」とあり,右の墓碑には「豊国公房第二公女之墓」とある。

いくつか細かい墓が固まっており,そのうち墓碑のあるものの3つ。奥の黒地に白の漢字で書かれているのは「豊国公房公孫膺士之墓」とある。豊国公の孫であるらしい。その他の2つはクオックグーで書かれている。手前は「phong phong quoc cong」などとあるが,よく分からない。


そして,これがこの墓地の中心である「豊国公之寝」とある陵墓だが,入口の扉は閉まっており,中の様子を窺うことはできなかった。

ここは豊国公という人物の系統の墓地であるらしい。上の真新しい文によれば,明命帝の第55子であるとのこと。であれば,豊国公とは阮福綿𡨊Nguyễn Phúc Miên Kiềnであろう。生母は貴人黎氏禄である。

SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO