更新履歴

フエの陵墓・王府探索 2016年2月18~23日

永衍陵

Lăng Vĩnh Diễn

< pre / next >
index / site top

永衍陵

次は地図上ではすぐ近くだ。再びナビゲートを開始する。ここで右折だ! と思っていたら,思わず通り過ぎてしまうほどの細い道。Uターンして引き返してもらう。見たところ車では進めずドライバーも困惑していたが,「歩く」と伝えると,「あそこ,駐車する」とカタコトで答えてくれた。

この道では車は進めない。田圃の用水路に沿って進んでいると,怪しげな物体が。藁を束ねて重ねたもののようだが…。目のようなものがあるぞ…。

用水路をくぐってすすむとこんな田園風景が拡がった。まるで実家の周辺を歩いているような錯覚を覚えた。Google Mapsの凄いのは,こんな道でもちゃんと示してあるということ。


途中牛を連れたおばあさんとすれ違う。明らかにおばあさんは外国人にびっくりしている様子だったが,警戒を解くため,笑顔で頷いた。ベトナム語でなにやら話してくれたが,ごめんなさい,分からない。とりあえずカタコトのベトナム語で「墓」と伝え,場所を指差すと,言葉が伝わらないことを悟ったのか,はたまた通じたのか,頷いて口を閉ざした。

かかし。リアルに服を着せていた。


バナナのような樹木に囲まれた陵墓。かろうじて入り口はあいていた。あまりに大きすぎて全体を撮ることができない。なぜか電線がビンビンと鳴っていた。案内盤には「Lăng Vĩnh Diễn」とは書かれていない。熙宗阮福源の妃で,孝文皇后Hiếu Văn Hoàng Hậuと謚された莫氏佳Mạc Thị Giaiの墓とある。

屏風表面には麒麟。裏面には鳳凰だった。

内城を見る。先ほどの陵墓に比べて,人家に近いからかよく手入れが為されているように見える。


内城中央の宝城。花も供えられていて,定期的にお参りされているようだった。

裏手の屏風。内城の方には龍。外城の方には何もなかった。当初から何も無かったかは分からない。

南国っぽい植物が生えている。陽を遮るものがなく,暑い…。


電柱はなんと竹。水が入らないようにするためか,ペットボトルを被せていた。


線路をくぐる。CHU Yと書かれているのは,漢語で書くと「注意」となる。ベトナム語でも「チューイ」と発音する。


これで終了。14:32,待っていてくれたドライバーと合流。シートを倒して仮眠をとっていた。20分ほどかな。ごめんよ。「ホテル」と言って,終わりであることを伝えた。

ホテルの前でチップを渡してお別れ。ありがとう。現在15:15。2時間半くらいで済んだのか。

ホイアン旧市街を巡るのに丁度良い時間だ。ぐるっと回るだけで1時間,諸々見学すると2時間くらい。17時までに全て終えることができるだろう。

SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO