山陰九州四国異境巡礼 2004年2月27〜3月5日

筑前垣生以降、だんだんと客は減り、車内はがらがらに。桂川なる駅を過ぎると山間部に入りにわかに車窓は長閑になっていく。

南蔵院

福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗 地図


次の目的地である南蔵院の最寄り駅、その名も「城戸南蔵院前」。少し前まで「城戸」という名の駅だったが、駅舎の改修代を南蔵院が負担したため、駅名まで変わったという経緯がある。駅舎も見ての通り寺院建築風。南蔵院は駅名まで変えることができるほど力を持ったお寺らしい。力を持っているということは参拝客が多いということを意味するが、この辺りは篠栗四国八十八ヶ所という割と知られた霊場で、南蔵院もその一ヶ寺である。

南蔵院へは国道を渡らねばならないが、山道であるため狭く、またトラックも多い。その上歩道も狭くて年寄りにとってはかなり危ない。


南蔵院。コンクリート造りの庫裡(?)。お金が有り余っているらしい…。

 
不動明王がメインの霊場らしい。左の像は肌が茶色で珍しい。その上後ろの炎に電球(?)が付いている。点滅するのかもしれない…。右の像は割とオーソドックスな像だが、やっぱりチープな感じがする。


不動明王像の隣りには気持ちが悪くなるほどの羅漢像がびっちりと…。五百以上はあるぞ。

南蔵院は山の中腹に建つお寺で、境内に階段がいくつもある。年寄りには応えるだろう。


!突然鶏が!放し飼い?不動明王は酉の護り本尊だからか…?

 
こんな洞穴霊場も。磨崖不動明王だった。工事中のようであまり雰囲気はよくなかった。何故か入口に注連縄。

 
境内には滝もあり、不動明王っぽい雰囲気を作っているが、左写真の左奥は岩の隙間から外に出られる。一種の胎内くぐりだと思うが、その先には修験道を思わせるミニ鎖場が。


鎖場を登ったところは牡丹の道になっていた。


またまた洞穴。…この先がどうなっていたかは記憶にない…。今回の旅では沢山まわったので細かいところまで覚えておくことができなかった。写真を撮ることで記憶を補完することもできるが、デジカメ用の128MBコンパクト・フラッシュに余裕がなく、余分なものは極力消去しながら撮影していたためにあまり記憶を繋げることができなくなっている。しかし128MBがいっぱいになるなんて今回が初めてだ。それほど多くの場所を見てきたといえる。写真が残っていないということは、多分上の洞穴の先はあまり注目に値するようなものではなかったのかもしれない。


南蔵院は山の中腹に建つお寺であるため、面積を横に広げている。写真のトンネル(観音菩薩に関係するものだったと思う)は境内の東部分への通路になっている。何故か注連縄。さて、実は時間がない。ここ南蔵院の滞在時間は1時間を予定していて、余裕と思っていたのだが予想に反して境内が広く、それなりに見どころも多いので、走らないと間に合わない。

トンネルを抜け、300mほど走ったところは「仲見世通り」という名の売店群。ここを抜けないと、南蔵院のハイライトである涅槃像にたどり着けない。商売上手なお寺のようだ。そもそも興味はないし、時間もないので走って駆け抜ける。ちなみに他に参拝客はほとんど居なかった。


役小角と前鬼・後鬼夫婦。

南蔵院の境内東側には…

涅槃像。釈迦如来の手からは紐が出ていた。涅槃像の周りは位牌。胎内めぐりができると聞いていたので、500円を支払い内部へ。入口は涅槃像向かって左。

中は納骨堂になっていた。涅槃像の内部らしいが、それを実感させるようなつくりは一切なかった。順路も直線でありばっちり照明がある。戒壇めぐりのようなものを期待していたのだが…。

係員の案内で中央の螺旋階段を登り、願いごとを書かされた札を納める。…これだけ。高いなぁ…。願いごとは適当に書いた。名前の部分は適当に思いついた中村康一という仮名。願いを聞いてもらうのが目的じゃない。本当はいらないと言いたかったが、時間がなく言うことを聞いておいた。

螺旋階段は「行き」と「帰り」を別にし、混雑なく一方通行できるため設置されているようだ。

胎内めぐりを抜けると受付があり、ここで入口でもらったカードを返却する。どんな目的があるのか?と思っていたら、先におもりがついたダーツ(インディアカのようなもの)を三つ渡された。はて?と思っていると、

 
まねきネコの前に置かれた小さな箱に投げて入れろと言う…。脱力。立ち位置は仏足石で示されている。わかりやすい…。招きネコはかわいげがなかった。適当に投げる。なんだかアホらしいなぁ…。

とりあえず南蔵院はこれでおしまい。次に南蔵院の周辺にあるという「チベット寺」を訪問したいが、電車の時間がせまっているので今回は諦め、駅までダッシュ。

南蔵院の境内にも他の篠栗四国八十八ヶ所霊場が点在している。多くは祠程度のものであり、南蔵院のような大きいお寺のほうがむしろ珍しい。

しかしすごいお寺だったな。下品さでいえば中堅クラスのお寺かもしれない。お金が入るとどうしてもああいうことしちゃうんだよね…。


次へ 山陰九州四国異境巡礼 トップへ
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送