京都異境巡礼 2003年7月27日〜8月2日

大徳寺


ここは数々の塔頭が集結して形成された大寺院。一つの街のようだ。写真は南門から。


これは南門を入ってすぐ右の養徳院の境内。非常に小さい境内だが、一本の通路がまっすぐ延びているので広く感じられる。それに涼しげ。この先には行けない。非公開の塔頭だ。


これは南門を入ってすぐ左の黄梅院の境内。ここも通路が仕切られている。苔が涼しげだ。ここも非公開の塔頭。

 
これが大徳寺の三門。きれいな赤色をしているのが特徴。過去に公開された実績があるかどうかは不明。三門のまわりは冊で囲まれていて、(周りに人がいると)近づくことができない。扉もしまっていました。

ところで、中学生らしい2人組がこの三門をスケッチしていた。夏休みの課題だろうか。題材がシブい。とても頼もしい2人ですな。


三門の西には千体地蔵があった。

 
これは内部を公開している興臨院という塔頭。ここの境内も杭とロープで通路が制限されている。こうやって通路をはみ出ないようにしているのがとても好きだ。ペットボトルの底を切り取ったものが杭の上に載っているのは謎。ここも苔がきれいだ。なお、内部は拝観しなかった。


こちらも内部を公開している瑞峯院という塔頭。ここも他の塔頭と同様の境内。ここも内部は拝観していない。


これは法堂。

三門が公開されたら再訪問したい。


次へ 京都異境巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO