京都異境巡礼 2003年7月27日〜8月2日

岡崎道から再び市バス乗車。清水道下車…の筈だったが、バスを乗り間違えてしまい祇園で緊急下車。少し予定を変更せねばならない。

建仁寺

建仁寺には北西から侵入。外国人三人がレンタサイクルに乗ってやってきていた。

 
まずは方丈。典型的な臨済宗の方丈の趣。このタイプの方丈の内部はどうなっているかというと、桁や梁が張り巡らされていました。無限に続くような印象。ここから先は有料ゾーン。枯山水の庭園が見られるらしいが、今回は辞退。


法堂。いわゆる本堂。ここで秘密のパワーを発揮。立ち入り禁止もなんのその。「スタンド」を法堂へ進入させる。

三方に階段が据え付けられている壇(?)。禅宗だ。


そして天井には去年の五月に完成したという双龍図。格好いいですなぁ。古いとか新しいとか僕には関係ない。今目の前にあるものに興奮する。

 
三門。またまた山廊。登りたい…。特別公開などで登れるチャンスがあれば…。

大体を見終わり、今度は第二の目的である塔頭、禅居庵の摩利支天堂へ。
 
門構えが格好いい。ここにはあの動物が居る。摩利支天といえば、あいつだ。
 
摩利支天の使いである猪である。ここには狛犬ならぬ狛猪がたくさんある。まずフサフサの毛の猪。
 
今度は丸っこい猪。かわいいです。
 
今度は何故か眼球のない猪。ちょっと怖い…。
 
これはちょっとゴツいですな。かわいくないです。

これは狛犬のように対になっているものではない。屋根の下の猪。眼光が鋭い。


これは額。おびただしい数の猪、猪。百一匹猪ちゃん。


次へ 京都異境巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO