ほけほけ京都巡覧 2005年3月19〜21日

7:00起床。いつもより早起きだけど、目覚めがいいんだよね。旅行の醍醐味だ。

ちなみに朝食はコンビニで済ませた。簡単にね。

今日の午前中は大原へ。昨日買って置いたカードを使えば大原のバスターミナルまで行ける。大原行きのバスは地下鉄の最北端の国際会館駅から。そこに行くだけできっちり一時間。

寂しい駅です。二年前の夏にも訪れたが、周辺には見事に何もないですな。

バスで大原へ。だいぶのどかになります。清流高野川に沿ってバスは走る。ここも京都市なんだよね。ほっとしますな。

大原には思っていたより立派なバスターミナルがあった。

同乗の客たちはだいたい三千院に向かうようだ。しかし我々は違う。

勝林院


小さなお寺ですが…


堂内には本尊の阿弥陀如来と脇侍の毘沙門天と不動明王。阿弥陀と不動の組み合わせに違和感があるが、天台宗だから有りなのか?阿弥陀の脇侍というとだいたい観音と勢至を思い浮かべるものだが。

著名な如来のほとんどが攻撃的な脇侍を備えているが、阿弥陀というと「守り」のイメージしかなかったのでこの組み合わせは意外だった。


もう少し近づいてみる。

 
まずは阿弥陀をいじろう。目が細いですな。福耳?と思ったがちょっと違う。耳たぶの付け根の位置が低い。耳が長いんだね。手からはヒモ。阿弥陀との御縁を象徴するものだが、つまりは運命の「白い」糸でつながっている、ということだ。

 
後背の先がへたっ、と前に傾いている。真上から阿弥陀に視線を注いでいるのは化仏の大日如来か。実は大日如来が身を変えて現れた姿なのだよ、ということか。

 
不動明王。童子顔をしている。とにかく火の表現が凄い。右の火炎がカールしてます。さらに剣の手前と奥に火が交差して入ってます。驚くべき三次元表現。


火炎がまるで生き物のような動きをして不動明王にからみついている。

 
毘沙門天。こちらは邪鬼に注目ですな。楽しそうですよ。

 
別アングルで。毘沙門天の服のすそが後になびいてます。後背の炎の向きと、服のすそのなびく向きが違ってるのはご愛嬌。上下で別の風が吹いているのかも…?邪鬼はお茶目に片足を挙げてます。

 
あいかわらず炎の表現が凄いんだよな。右は毘沙門天のバックル。


内陣の裏には文殊菩薩。

毘沙門天を含む四天王図像も。メインの彼らよりも邪鬼の描かれ方が気に入ったので、もっぱらそっちを紹介。
 
白目です!気絶しているんでしょうか。しかも地面にめりこんでます。かなり長い間踏まれ続けた結果なんでしょうな。…と思っていたら単に絵が欠けているだけでした…。右の邪鬼は割と楽しそうです。黒目。まだまだ余裕の表情。
 
しかし、邪鬼に対しても手を抜かないってところがいい。四体とも違っているし、表情が豊か。愛着さえ感じる。言ってしまえば、四天王より邪鬼のほうが人間的なんだからね。感情移入した絵師によるものなんだろうか。


落ち着いたつくりの本堂です。


次へ  トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO