琉球異境巡礼 2002年5月30日(木)〜6月2日(日)

5月30日(木) (一日目)

 琉球の異境スポットを巡礼するというより、琉球そのものが異境だったかもしれません。

 今回、とある学会の大会が沖縄県で開催されるので、そのお手伝いで行って来ました。沖縄に行くのは今回が初めて。4日間の滞在ですが、大会が行われるのは3日目。その前後日に沖縄の色々なところに行って来ました。といっても本島の中南部というか、那覇の周辺しか行ってないけど。

 朝の4時につくばを発ち、羽田に向かいました。

 私は沖縄どころか飛行機に乗るのさえ初めてなのです。凄く快適なシロモノだと思っていましたが、先生に拠れば「酔う人もいるぞ」とのこと。僕はブランコでも酔う程三半規管がどうかしちゃっている人なので、ワクワク感は消え、戦々恐々としてました。

 離陸時の加速は大丈夫だったのですが、その後の重力がきつく、すぐにノックダウン。飛行時はずっと気分が悪く大変でした。着陸時が最もツラく、手からは脂汗が吹き出しました。もう二度と飛行機に乗るものか!!と思いましたが、帰りもあるんですよね・・・。


くたばっている中、頑張って撮った下界の写真。分かるかなー、アクアラインと海ほたる。

 くたくたになって飛行機から降りると既にムシ暑くなっておりました。これが沖縄です。空港の物陰で半袖に着替えを済ませました。

 その後レンタカーで恩納というところへ向かいました。恩納と書いて、「おんな」と読むんです。恩納村の道沿いの店に「おんな売店」というもの凄いネーミングの店がありました。わざわざ平仮名にしなくてもいいのに・・・。摘発されそう。他にも「おんなまつり」という看板の掲げられた店もあります。

 現地について最初に食べたのが「ソーキそば」。ソーキというのは骨付きの豚肉のことで、それを煮込んだのが沖縄そばの上に載っているという料理。「そば」って言ってもソバ(蕎麦)じゃなくて、麺類の総称としての呼称で、どちらかというと細く平たい饂飩って感じ。紅しょうがが載っています。つゆは鰹だしかな?適当に入った店でしたが、めちゃ美味かった!大当たり!好かったよー。ソーキそばには混ぜご飯が着いてました。ひじきとコーンが入ってました。変な組み合わせでしたが、味がしっかりしていてこれもとても美味しかったです。

 夜は居酒屋に入りました。海ぶどうという海草が出ましたが、これは茎に海老の卵大のぷちぷちが無数についているものです。あと、ミミガー。これは言わずもがな豚(ウワー)の耳の皮です。「耳皮(ミミガー)」ってことね。居酒屋を出る時にお土産でもらったのがサーターアンダギー。結構有名だよね。丸く揚げたドーナツって感じ。本当は山羊(ヒージャー)の乳を使うとか。後で調べたら、「砂糖揚げ菓子(サーターアンダギー)」ということらしい。どれも美味しかった!サーターアンダギーのもとみたいなやつ(ホットケーキミックス風味の)を買ってきました。

 酒は泡盛ね。香りが凄かったよ。そしてビールはどの店行ってもオリオンビールね。酒の味はよう分からんけど、美味しかったかも。単に暑かったからそう感じただけかも。

 四方八方を海に囲まれているのに、海鮮料理はあまり出ません。やっぱ豚肉がメイン。でも出てくる料理がいちいち美味しいので、不満はないです。

 あ、言い忘れましたが、沖縄は既に梅雨入りしていて、空は曇天、いつ雨が降ってもおかしくない状態でした。

 そんな中、ビーチに向かいました。ここが凄くて、やっぱり沖縄なのねーという感じの海でした。

 

 

 海が青いもんね。コバルトブルーっすよ。浜辺には砂ではなく珊瑚の死骸がたくさん鏤めてありました。これはかなり好かった。いくつか拾って持ち帰りました。

 その後「シーサー家」という怪しげな店に入ったり、「御菓子御殿」という地元の人は絶対行かないような土産店に入りました。御菓子御殿ではシーサーガムという微妙なアイテムをゲット。紅いものソフトクリームを食べました。これが美味しい。外見も毒々しい色をしていて良い


御菓子御殿の外には「甘えた坊主」!琉球にもいやがった!甘えてやがるぜ!


シーサーをもじった車止めもありました。でもこれはデフォルメしすぎでは?

 道ばたには普通にこんな物があります。これはお墓なんです。本土とは全然違うよね。古墳のプチヴァージョンぽい。

 ホテルにチェックインし、部屋に入る。部屋はこんな感じ。ホテルは国際通り沿いの西武オリオン。
次へ 琉球異境巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO