南会津異境巡礼 2002年8月26日〜27日

 バスに乗り、会津武家屋敷前バス停で降りる。

 しかし武家屋敷を見る訳ではない。武家屋敷の前を素通りし、その先のネパール博物館に入る。

ネパール博物館

 ネパール博物館は会津の郷土料理屋「鶴井筒」の2〜3階。

 およそネパールとは縁遠い建物の中に入る。

 2〜3階と言いつつも実際はただの屋根裏店のオヤジが趣味で集めた仏教グッズを展示している。

 これはヴァジュラ・ヴァイラバ。別名ヤマーンタカ(ヤマ閻魔を降す者)。日本では大威徳明王という奴。格好いいね。

 
 これはガナバチ、亦はビナヤカ。いわゆるガネーシャ。シヴァの息子さん。日本では歓喜天として知られる。鼠の上に乗っている姿で描かれることが多いというけど、あまり見たことないなぁ。鼠の上に象が乗っているって凄いね。イジメ?頑張っている鼠が健気。

 仏頂尊。

 3階は猛烈に暑かった。そりゃそうだ。屋根裏だもん。

 この後バスで会津若松駅に向かう。結局会津はさざえ堂とネパールで終わった。鶴ヶ城なんか誰が行くか!

 会津はちょっと憎らしいほど小ネタ小ネタの連続で楽しかった。つっこみ所満載の楽しいところです。

 後は磐越西線、水郡線と乗り継いで帰るだけ。といっても乗っている時間がハンパじゃない。14:40に会津若松を出て、土浦に着くのが21:35・・・。勿論終バスで帰筑。みなさんお疲れさまでした。


南会津異境巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO