平泉・水沢巡覧 2005年1月9〜10日

さて、黒石寺を見終えたわけだが、次のバスが来るのは12:52。現在11:00…。この少し先でも物件があるのだが、あと2時間近くも待たねばならないので、歩いてしまうことにする。地図上では1km弱の距離。行けるだろう。

途中、300mほどの大きな橋が架かっていたが、歩道が細く、すぐ隣で車がびゅんびゅん飛ばして通過する。しかも歩道にはかなりの積雪が…。橋の上だから風をさえぎるものは何もなく、ただでさえ冷たい風なのに、激走する車によって強くふきつけられた。かなりこたえる…。靴の中をぬらしてしまった…。

橋を渡り切ったところに道の駅「みずさわ」があった。ここで昼食を摂るつもりだったのだ。小さな喫茶店のような佇まいのこの道の駅、一階は農産物や土産物売り場、二階は食事どころ。寒いのでとにかく暖をとりたい。二階へ直行した。何の変哲もない食事どころだったが、そばに関しては地元の特色を打ち出していた。暖かいそばを注文。冷え切った体には嬉しい。

窓の外を見ると、だんだんと雪が強く降ってきていた。

寒くてダメになったデジカメ用の電池を買い直し、次の目的地のお寺へ。

龍徳寺

道の駅「みずさわ」から少し歩いたところ、静かな住宅地にたたずむのは龍徳寺。次の画像を見れば、このお寺に来た理由が分かる。

 
これは鐘楼を兼ねた門だと思うが、附属する階段が大きくとってあり、複雑そうな印象を受ける。小振りの門に対して、階段が仰々しいのでアンバランスなのだ。屋根まで付いている。門の下にはベンチが向かいあって設置されていた。はたして利用者はいるのだろうか。


残念ながら閉じられていて登れなかった。階段下には農機具が…。どうもこういう物件は「荷物置き場」になりがちだなぁ…。

バスの時間となったので、道の駅近くのバス停まで戻り、乗車。あとは水沢市内まで乗車する。バスの中は暖かい…。靴を脱いで、濡れてしまっている足を温める。乾いてくれれば…。


次へ 平泉・水沢巡覧 トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO