信州異境巡礼 2003年7月19〜22日

7月22日

合宿最後の朝だ。今日はゆっくりと長野の物件を訪問しながら帰る予定なので朝食を頂かずに早々に退散させて頂く予定。こうでもしないと、昨日逃した典厩寺に行けない。

 
今朝の野尻湖。昨日までの雨が嘘のようだ。湖面はおだやか、きれいに山々が映っている。今日は思い切り異境巡礼ができそうだ。

というわけで、今回の信州異境巡礼はここからはじまります。長い前フリですみませんでした。

誰にも接触せずにこっそりと旅館を出る。野尻湖から出る最初のバスに乗る。学会関係者は乗っていない!よし!

黒姫駅は相変わらず…だったが、電車到着10分前にホームに行ってみるとどんどんと通勤・通学客が集まってきた。こんな駅にこれほどの客がいたとは…。

さあ、今日最初のミッションは、19日に撮り逃した牟礼駅のホームに立つ天狗像だ。巧く撮れるだろうか。一番の問題は他の乗客の視線だろう。こんなに混むとは思わなかったな。牟礼駅で空く方のドア付近に陣取る。しかし女子高生三人が僕を取り囲むかのように立つ!これは結構危険なミッション!そのうち化粧に集中し始めたので、少し安心。

牟礼駅に到着、僕を囲んでいた三人がここで降りるようだ。ほっとしたのも束の間、ここ牟礼駅では大量の高校生が乗車してきた。空いたドアの前に天狗像が現れれば良かったのだが、天狗像はまだ先。こうなったら電車が駅を出る時に撮るしかない。恥ずかしいのを耐え、デジカメのディスプレイを注視する。今だ!カチッ!


これが限界…。天狗は半分しか写りませんでした。

黒姫を出て約40分で長野駅に到達。これから松代行きのバスに乗って典厩寺に向かうのだが、出発までに少し時間がある。朝マックだ。

9:20、定刻より何故か5分遅くバスが出た。車内はお年寄りがメイン。結構目立った。

水沢典厩寺というバス停で下車。すぐ近くにあの「峠の釜めし」でおなじみの「おぎのや」があった。そもそもこの店はドライブイン。

 
バス停は千曲川近くにある。橋の欄干には真田六連銭紋。千曲川、初めてみました。有名な大河だよね。緑と山、そして青い空と雄々しい雲。夏だねー。

典厩寺は千曲川沿いにある。橋の下へ降り、土手を歩く。お寺の前に神社を見つけた。

鎚井神社というそうです。拝殿が舞台のようです。人気は有りません。


付近には庚申塔が立っていました。


近くの畑でなっていたナス。妙に丸っこい。というかもうほとんど球です。つるつるしてます。


次へ 信州異境巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO