堅田駅から近江今津駅へ移動。近江今津から福井県小浜市までバスが出ている。国道303号線を走るようだ(地図)。終点までは1時間かかる。このJRバスは周遊きっぷ「近江路ゾーン」でフリーで乗れるので、このきっぷを買ったなら乗らねば損。普通なら1000円以上かかる長距離路線だ。今日は休日のためか10人ほどの利用客がいたが、平日だと1,2人しかいないらしい…。

近江今津駅の若狭観光マップに拠ると諸寺を回るには、終点の小浜駅まで乗るより、その手前の東小浜駅近くで降りてしまったほうがいいようだ。小浜駅でないとレンタサイクルできないと思っていたが、東小浜駅でも借りられるらしい。マップに拠ると東小浜駅最寄りのバス停は「遠敷」か…。これを勝手に「とおじき」と読んでいたので、後に危ない思いをすることになる。

1時間は長い。県境越えをするということは、すなわち山越えをするわけで、三半規管がどうかしちゃっている自分はすぐに酔ってしまった…。

途中で熊川宿という名の道の駅があった。昔ここに宿場町があったのかな?旧街道ってことか(近畿の道の駅というサイトの熊川宿ページなど)。現在走っている国道303号線はその昔鯖街道と呼ばれたそうな。大陸からの文化・物資が若狭から京都に運ばれるルートだったらしい。自分はそのルートを逆に向かっているわけだね。町並み保存地区などもあるらしい。こういうところをまた車で訪問してみたいなぁ。

バスに乗車中、それまで曇っていた空は晴れていき、気温もぐんぐん上がっていった。今日も暑くなりそうだ…。気持ちがいいけどね。

山奥の民家の玄関先には北海道などでよく見られる透明なフードがかぶせられ、玄関の他にもう一つ入り口が付いているような状態になっている。冬は相当雪深いのだろう。自分の暮らしている地方との生活の違いなどに注目してその土地の人々の暮らしを想像するのはとても楽しい。

福井県に入り、若狭な雰囲気漂ってきたので「遠敷」に注意していかねばならない。この辺じゃないか?ってところで「次はオニュウ」とのアナウンスが。「とおじき」ではないな、と思いつつ心配になって周囲をきょろきょろ見ていると、バスは東小浜駅を通過!そこで電光掲示板を見ればしっかり「遠敷」と出ているではないか!もう「遠敷」バス停は目と鼻の先!速攻でボタン押下!果たして間に合ったが、危ないところだったよ。「遠敷」を「おにゅう」って読むなんて…。後で知ったことだが、オニュウは朝鮮語由来の言葉なのだそうだ。さすが大陸文化・物資の受け入れ港。でも旅行者には難しいから、バス停の名前を「東小浜駅口」とかに変えた方がいいと思う…。


これが東小浜駅。なんと一ホームしかない寂しい無人駅なのだが、こんなに立派なのだ。周りにシルバー人材センターやら色々な施設が密集している。東小浜サイクリングセンターも付随している、というか小浜市のパンフレットには「東小浜サイクリングセンター(東小浜駅)」と書いてあり、まるで駅のほうがおまけのような扱いだ。でもごちゃごちゃしておらずとても綺麗だし、あまり人も居ないので静かで居心地はいい。ガラス張りのきれいな待合室もある。

レンタサイクル料金は2時間で300円、4時間で500円だという。長く借りると割引になるのは好意的だが、奈良は23:00まで300円だったことを考えると高いかな。というより奈良が安すぎるのかな?現在12:30。ここを出るのは15:30だから3時間使うことになる。料金体系と照らし合わせると中途半端だが、仕方ない。4時間500円でレンタル。貸し出し帳を見ると自分の他に2人ほどレンタルしていた。30代と50代の男性。どちらも東日本から来た人だった。荷物を預けて出発!

国分寺

三井寺駅から徒歩15分 地図


観光マップを見ながら自転車を漕ぎ、小浜最初の訪問地、国分寺へ。


中には丈六仏。内部の構造も気になる。縦に横に木材が…。是非入りたかったのだが、庫裡には誰もおらず、隙間からカメラを入れて撮って中を見るという方法を採るしかなかった。

 
さて、次は明通寺。かなり遠いところにあるので気合いを入れて行かねばならない。こんなに長閑なところを延々何キロも自転車漕いでいったんですよ。のんびりしてます。途中何度も蛇が逃げていったし、バッタも跳んでいたなぁ。いいところです。それにアップダウンがなくて自転車を漕ぐには快適な道。地図や写真で見ると山が多く走りづらいように見えるが、実際は起伏が少ない。その上サイクリングロードも設けてあって、イナカなところだけど観光にはとても力を入れているのがよく分かり、好印象を持った。対して昨日走った奈良は坂が多くて走りづらかったなぁ。

ただ惜しむらくはバスが無いこと。いや、あるにはあるのだが観光には全く適さない。ただ路線バスではなく、一日に午前と午後に一度ずつ観光ツアーバスは出ているものの、当然行程があらかじめ決められているのでお寺オンリー旅行者は利用しずらい。若狭おばま観光協会のサイト中の国宝めぐりバスツアーページを参照されたし。ただお金と時間に余裕があって一日ゆっくり過ごしたい人には最適かも。

何はともあれ天気が良くて何より。見事に晴れたよ。


次へ 滋賀北陸異境巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO