下之郷から別所温泉方向へ戻る。途中塩田町という駅で下車。ここからまたシャトルバスに乗り、未訪の中禅寺へ戻る。

乗ったバスの運転手は朝と同じ人だった。これで三度顔を合わせたことになる。

中禅寺

長野県上田市大字下之郷 別所温泉から信州の鎌倉シャトルバスで10分、塩田町駅からなら12分。中禅寺バス停下車。 地図

再び中禅寺の門前にやってきてしまった。次のバスが来るまで30分。時間をもてあましそうだなぁ…。


本堂。あまり人気はない…。先客がいたが、すぐに車で発ってしまった。


仁王門。

 
なんだかここの仁王も微妙です。


白目…。


この仁王門は仁王に対するガードが甘いので、
 
こんな接写もできる。しわまで彫ってあるとは細かい!指が短めで、ワニみたいな手をしています。


このお寺のボスキャラ、薬師堂です。普段は扉があいていて、中を見ることができるそうですが、何故か閉じられていました。といっても鍵はついていない。扉の下の木製くさび(扉留め)を外し、扉を開けて中を拝見。


須弥壇。薬師如来が安置されてます。薬師といえば十二神将ですが、ここには一体しか残っていません。右下にちょこんと置かれている小さな木像がそれです。


頭の上の十二支を示すものが欠落しているために、何神将なのかが不明だという。しかも手もないので、「手なし神将」と呼ばれている。結構勇ましい顔をしているんですが…。仲間は何処。


長閑なところなんです。…次のバスまでまだあと20分。境内の四阿で気長に待ちます。しかし寒い…。

定刻より数分早くバスが到着。また同じ運転手…。さすがに苦笑してました。バスが来るまで他の客は来ませんでした。

塩田町駅でバスを降り、別所線に乗車。塩田平にはさすがにもう見るところがありません。

上田駅に到着。時刻は16:00前。やる気さえあれば上田城も見られますが、さすがに疲れてます。帰りの新幹線まであと1時間半。ヘタレぶりを発揮して駅前のマックで時間つぶし…。定例になってます。マックの新聞には昨日のセンター試験問題が掲載されてたので、相方と解いてました。世界史で60点しか取れず…。さすがにアジア史はできたけど、西洋史・近代史はボロボロ。情けない…。

「峠の釜めし」を夕食として、新幹線で帰京。


塩田平塔めぐりのトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO