更新履歴

師走の洛北・洛西 2007年12月29〜31日

即成院・戒光寺

そくじょういん・かいこうじ

京都市東山区泉涌寺山之内町28(即成院)29(戒光寺)

京都市営バス「泉涌寺道」下車徒歩3分

マピオン

pre / top / next

即成院

今日は最終日。今日は洛内をめぐろう。

まずは泉涌寺の塔頭から。

泉涌寺の黒門。ここ以降は泉涌寺の寺域となる。

即成院。三門の上に鳳凰が乗っていたりする。

山門扉の鳳凰の見事な透かし彫り。

不思議な六角塔は那須与一に関係しているらしい。額には「霊弓殿」とある。経文を収めるようなものだろうか。

何故か菊の紋が入っている。泉涌寺は「御寺」ということだからだろうか…。

弘法大師像らしいが、一般的に見るようなふくよかな顔とはまるっきり違う…。

そしてその弘法大師の手前に据えられているのが、狛「犬」。ちゃんと阿吽の形。

即成院は二十五菩薩が揃っていることで有名。

戒光寺

即成院から泉涌寺方向へ歩けば、戒光寺はすぐ。禅宗様の本堂が特徴的だ。

戒光院は以前にも訪問した。丈六の大仏がいる。

不動明王もいる。「御寺」の塔頭だからか、何故か御簾が下がっていてよく尊顔を拝することができない。

戒光寺の本堂は、二つの堂宇がドッキングしているような形態を取っている。その連結部分を観察。右側が大仏側、左側が外陣(?)。大仏側のひさしが内側に入っている。明かり取りのように見える窓は、おそらく大仏が外を覗くことができるようにしているのだと思う。

外観についてはこちらを。最初の画像がそう。手前が外陣(?)で、奥が大仏側。外からみると、ドッキングしているのがよく分かる。

実際に使えるようだが、受話器以外に声を拾うマイクがあるようだが…。機能しているのか?

pre / top / next


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO