更新履歴

越南漫遊記 2010年5月24~30日

グエン朝王宮跡

6:30-17:30
55,000VND

pre / top / next

グエン朝王宮跡(世廟)

さて、クィンさんは今度は宮殿跡の南の部分、廟の部分に案内してくれた。

Cエリア。

歴代皇帝の御霊を祀る世廟を中心とするエリアだ。

各エリアの入り口はこのような派手な門になっている。日本のように木造ではないのは、気候の特性を考慮してのことなのだろうか。 Cエリアの北東に位置する致祥門だ。

王宮の外に連絡する彰徳門。だが開いていない。

復元されたものだろうが、かなり派手だ。

これはCエリアの北にある門。この先に奉先殿があり、歴代の皇帝や皇后達を祀る帝室の菩提寺として機能した。

さらに篤裕門をくぐる。シナ的エッセンスは感じるが、ベトナムならではの要素もあるように思う。

廟の前の広場。三層の特徴的な門、顕臨閣が奥に控えている。なお、顕臨閣の前には九つの鼎があるが、これについては別のページにて説明しようと思う。

廟の装飾。やっぱり陶器のモザイク。面白い。

Cエリア中心の世廟の内部。13人の皇帝のうち10人がここにまつられている。なお、Cエリアの北部分に建つ興廟はザロン帝の父母を祀っている。

楽功門。顕臨閣の右にあり、寺院でいう鼓楼にあたる。なお、左にある電話ボックスのようなものは、麒麟の像を保護しているもの。

この楽功門と対になるかたちで、顕臨閣の左にある門の二層目には鐘が据えられており、寺院でいう鐘楼となっている。なお、どんな名前の門だったかは失念した。

顕臨閣の内部から撮ったもの。二層目以降へは階段でアクセスできるらしいが、上れないようになっていた。

Cエリアの南に位置するその名も廟門。一番派手でデカイ門だ。その名が象徴するように、廟エリアであるCエリアの正門だったのだろう。

細かいところまで派手に出来ている。門の両側には水を吐く双龍が。一見ツメが四つなので、シナ王朝に遠慮しているらしい。その下には(右写真)二頭の戯れる獅子たち。モチーフはシナ王朝と共通している。

Cエリアの外から見た廟門。

帰り際に見た壁のくぼみ。クィンさんによればこれもベトナム戦争の爪痕なのだという…。

かなり歩いて汗をかいてしまったので、宮殿内の売店でよく冷えた水を買い求めた。500mlのペットボトルで10,000ドン。正直まだ水の値段が分からないのでこれで良いのかどうか分からない。

そろそろ水の本当の値段くらい知りたいと思ったので、おそるおそるクィンさんに訊いてみた。だいたい5,000~7,500ドンが相場だとか。ただ、かつての日本と同じように観光地では独自の仕様となり10,000ドンが普通だという。

5,000ドンだと25円だが、観光地仕様、つまりさっき買った水だと50円だ。日本ではどんなに安くても110円だからこれでも安いのだが、25円でも買えるということを知ってしまうとなんだかバカらしくなり、悔しい。

そういえば、ハロン湾に向かう途中でトイレ休憩で立ち寄ったドライブイン的な場所では、水を1ドルで買った。1ドルというと18,500ドンだから取り過ぎだ! いや、まてよ。そうか、だから店員が申し訳なさそうに、おつりの代わりに飴をくれたんだな…。水を指して「ドルでいくら?」と訊けば、店員は1ドルと言うしかないんだ。なぜならセント硬貨など持っていないからだ。仕方のないことかもしれない。多く取り過ぎた分をベトナムドンで良いから返してくれてもよさそうなもんだが、まぁこれは彼らなりのたくましさということで…。多分これで「適正」な取引になるのだと思う。損したくなければ、ベトナムではドンを使うべきなのだ。それもできるだけ小額紙幣で。高額紙幣だとおつりをけちって返してくれないことがある。そうでなくても「日本人は金持ち」という感覚がベトナムの人にはあるから、おつりをごまかすことなど日常茶飯事だ。けちけちすんな、水に1ドルくらい払ってもいいじゃねぇか、かえってそのほうが「フェア」だろ、と思う人はそれでもいいと思う。でも私は5,000ドン(25円)で買いたい。

ちなみにこの店では奥さんが騙されそうになった。私と奥さんがそれぞれ自分の分を会計したのだが、既に私が自分の分をドンで払っているのにもかかわらず、店の人が奥さんに二人分で2ドルを請求したのだ。奥さんはそのまま払いそうな感じだったので、すかさずストップをかけ、クィンさんにベトナム語で事情を説明してもらい、1ドル返してもらった。店のおばさんはかなり不機嫌な顔をしていたが、ここは毅然とした態度で臨まねばならない。

ただ、結果的に私は水に10,000ドン(約0.6ドル)、奥さんはジュースに1ドル支払ったので、どう考えても奥さんはボラれていることになる。この件があったので、以降奥さんにドルをドンに替えることを勧めた。1ドルでフォーが一杯、あるいはベトナムの米が1kg、パンが10本買える。現地生産のコカコーラでも5,000ドン(25円)なので、ジュースに1ドル払うのがいかに高いかが分かる。

平均的なベトナム人の月給は100-200ドルだという。このツアーで泊まっているホテルは普通に泊まろうとするとどこも200ドルは下らないので、一泊するだけでベトナム人の月給が飛ぶことになる。

ドンの価値は日々少しずつ下がっているため、ベトナム人はドルを欲しがる。だから観光客を見ると何でも「1ドル」と言うのだ。

さて、王宮跡についてはハイライト部分のみ観ただけ。全体の1/3くらいだ。私はやっぱり全部を観てみたいので、明日の集合時間が遅ければ、早起きして再びこの宮殿に来ようと思う。

pre / top / next


SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO