雍州秋景 2007年11月3日〜4日

黄梅院でかなり時間を取ってしまった。それだけ素晴らしい寺院だったわけだ。既に15時を過ぎている。まだまだ訪問すべき物件は残っているので急がねば。

興臨院


次は興臨院。非公開文化財特別公開とは別に、大徳寺独自で特別公開をしている。一緒に公開している総見院とのセットのチケットを購入して入る。

画像が暗いのは、門が東に向いているため。既に西日なので逆光になっている。

 
典型的な塔頭という風の庫裡前庭園。庫裡には、いつものアイツが。禅寺の庫裏に入ったら必ず撮ることにしている。


方丈前庭(たぶん南)。線条が引かれた枯山水庭園。寒山・拾得の住む天台山を模して、蓬莱世界を表現しているとか。寒山・拾得はもはや人間を超越したいわゆる神仙のような存在で、無邪気な禅の境地に遊ぶ。彼らが住む世界を蓬莱、すなわち理想郷と呼ぶのは、いかにも禅宗らしい。

 
シンプルで清々しい庭園だ。左手に見えるあの火頭窓の付いた「出窓」のようなものを、何というのか未だに分からない。石畳の短い回廊に、付書院のように付いている。


方丈前庭を突き抜けていく石畳が写っている。進めないが、先に何があるのか気になるが、境内の塔頭配置を考えると、おそらく瑞峯院ではないかと思う。


たぶん西庭。前庭と白砂で繋がっている。北西の隅には鎮守社が建っていた。


おそらく北庭。落ち着いている。


東庭か? 画像左方向には茶室があり、方丈との間に設けられた坪庭のようになっている。茶室は涵虚亭と呼ばれている。


方丈内には、いくつか水墨画が展示されていた。葡萄の木々を移り渡る猿の絵。

 
『鷹猿図』というそのまんまの屏風絵。徳美友僊という画家のものらしい。


次へ 雍州秋景 トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO