ゆるゆる房総巡礼 2003年5月17〜18日

誕生寺

安房鴨川駅からバスで誕生寺へ。誕生寺は日蓮の生誕地らしい。

「誕生寺入り口」というバス停の近くの交差点は「日蓮交差点」、近くのトンネルも「日蓮トンネル」、近くの橋も「日蓮橋」。

誕生寺近くにはCMでおなじみの「ホテル三日月」があった。
ゆったり たっぷり の〜んびり 旅行けば三日月 ホテル三日月〜
多分関東ローカルCMです。


誕生寺の二足門。立派な感じがします。

そこから山門まで土産屋が立ち並ぶのだけど、時間が遅いのでもう店じまいを始めていた。それでもしつこく勧誘してきた。たくましいなぁ。

 
巨大な山門。右写真は後ろから。山門が椰子の木と一緒に写ってるって凄いな。


梯子で上れる構造にはなっているが、板で塞がっているので無茶しても上れない・・・。

 
これが本堂。かなり大きい。全体を写すのが大変だ。境内では団体が解説を受けていたが、本堂は時間が遅いのでもう閉まっていた。


獅子と象も巨大だ。

獅子と象以外にももう一つ動物がいた。

本堂の屋根には鯛が!!誕生寺付近には「鯛の浦」と呼ばれる天然記念物がある。普段は海の深いところで泳ぐ鯛が、海面に群生する様子が見られるらしい。それに因んで屋根に鯛が乗っているのだと思う。房総には鯛せんべいという土産ものがある。

 
本堂の先には太鼓橋。この下には川じゃなくて道路がある。橋の先には門。この先にも諸堂があったが、門が閉まっているので訪問は不可能。時間外なので閉まっているのか、常時拝観不可なのかは不明。道路で境内が寸断されている。


本堂の後ろには仏舎利塔(多分)が建っていた。誕生寺付近には、この塔とは別のもう一つの仏舎利塔があるようだ。バスの時間がせまっていたので、誕生寺自体もよく見られなかった。


バス停の近くで撮った房総の林。こういう不思議な、南国風味の木が房総にはたくさん生えているのです。

バスで安房鴨川駅へ戻り、特急に乗って東京へ。夕食ははじめ房総で摂るつもりでいたが、東京駅で買ったパンという安いものになった。高速バスで帰る。


ゆるゆる房総巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO