全国異境巡礼第二弾 2002年7月19日〜27日

25日(木) 七日目

鼻ぐり塚 

 普賢院を出てしばらく歩くと次の訪問先、福田海がある。ここは仏教系の新興宗教の本部だが、目的は中にある鼻ぐり塚である。

 鼻ぐり塚とは、牛や豚の鼻輪をうずたかく積んだ塚。食肉にされる家畜は最後に鼻輪だけを残す。彼らを弔う意味でここに鼻輪を積んで供養するとのことだ。

 しかしその鼻輪の数がハンパではない。造ってから結構経つと思われるパンフレットによれば「現在680万個」だそうだ。それよりも多い数の鼻輪が積まれていることになる。

 鼻ぐり塚の案内板に遵って往くと、竹でバリケードが設けられていて先に進めなくなっている。「無断立ち入り禁止、まず護摩木をお求めください」との看板が。受付に戻るが、誰もいる様子はない。全くの無人だった。誰もいねーのかよ。誰もいないのに「無断立ち入り禁止」って書かれてもなぁ。どうすることもできないじゃん。もう時間もないし、護摩木の代金100円を賽銭箱に入れて、竹を外して先に進むことにした。突然係員が出てきて咎められても100円はちゃんと払いました、と言い返すことができる。

 これが鼻ぐり塚。もう山になっている。

 
 塚の前には狛犬ならぬ狛豚、狛牛が控えている。豚の耳に数珠が掛けられているのはラブリーだが、そんなに恨めしそうな目で見ないで欲しい。

 
 この数は尋常じゃない。すげーいっぱいあるぞ!雑草生えてるし。

 他に見るものも無いし、電車の時間も迫っているので帰る。


次へ 全国異境巡礼第二弾のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO