全国異境巡礼第二弾 2002年7月19日〜27日

21日(日) 三日目

無量寺 蒲郡市

 名古屋駅から三河塩津駅へ移動。ここで名鉄の蒲郡競艇場前駅に移動するのだが、三河塩津で降りたのは競艇目的のおっさんだけ。他は僕一人。おっさん達は大挙して一直線に競艇場へ向かう。列を組んで歩いているが、誰も一言も話さないのが不気味

 そんな百鬼夜行を無視して名鉄に乗り換え、西浦で降り、無量寺を目指す。

 無量寺はガン封じの寺として有名だが、そんなことを目的に僕が行く筈がない。そんなのは僕じゃないじゃん。この寺には窟院風味の迷宮があって、インド風味の仏像が立ち並んでいるとの事。僕の目的はそれだ。

 西浦駅から少し歩くと無量寺。早速こんな素敵な物件に遭遇

 寺へ続く参道には夥しい数の絵馬が。エマ、エマである。絵馬の回廊。ムカエマを探したかったけど、時間の都合上泣く泣く寺へ急ぐ。

 この寺のインド属性はこんなところにも現れている。インド風味の仏塔だ。二分の一のサイズで再現したらしい。どうせなら一分の一でやれよ。お堂とのミスマッチが好い

 滝が附属する不動明王像が立っていていい感じ。やっぱり不動明王は格好いいです。カーンって感じ。

 さあ、いよいよインド風味の迷宮へ入ります。お守りやらを売っているところには内部に設置されたカメラの映像を映し出すモニターが並んでいた。撮影を禁じているのだろうか。でもどこにもそんな御触書は見えない。いいや、撮っちゃえ。

 

 上右は大日如来、下は不動明王。他にもたくさんありましたよ。

 出てきたところで朱印を貰う。出てきた朱印をみるとオールスタンプ。筆による手書きがいいのになぁ。やだなぁ。こういうのは辞めて欲しい。

 思ったより早く終わってしまった。予定より早く次の訪問先に行くことができる。


次へ 全国異境巡礼第二弾のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO