全国異境巡礼第二弾 2002年7月19日〜27日

26日(金) 八日目

 須波駅から尾道駅へ移動。

 コインロッカーに荷物を預けて軽装で尾道を散策することにした。といっても今夜の夜行で帰らなくてはならないので、ぼやぼやしていられない。あと2時間。

 まず尾道ラーメンを食べた。どの店がおいしいか調べていなかったので、駅から一番近い「いのうえ」というラーメン屋で食べた。

 スープは薄い色の醤油。麺は細麺ストレート。美味しかった。

 尾道は空、海、島どれをとっても奇麗。寺もたくさんあって僕好みの街だ。

天寧寺 広島県尾道市

 天寧寺は五百羅漢を納めた羅漢堂があるので、今回訪問することにした。ひょっとしたら名古屋の大龍寺のように迷宮型かもしれない、との淡い期待がある。

 
 天寧寺は禅寺だ。禅寺らしく、山門のすぐ隣にウッチュシュマを祀る堂があった(左)。山門は登れるようになっていて、上には鐘がついていた。要するに山門が鐘つき堂をかねているのだ。坂の道尾道は平地が少ないから、こういう省スペースの建築が存在するのだろうか。

 羅漢堂です。至ってシンプルな形。

 やっぱり全ての羅漢を一度で見せるタイプの羅漢堂だった。外観から想像はできていたけど。

 
 それでも羅漢は好きだ。手前に色つきの十六羅漢、後ろには黒いノーマル羅漢という配置になっている。ラーフラは腹を割ってなかった。

 写真中央の羅漢の表情が怖くて思わず撮影。

 羅漢たちが配置されている壇の後ろは禅の道場になっていた。

 境内には他に六地蔵が。

 また三重の塔もある。結構ものを持っている凄い寺だ。僕にとっては羅漢堂があるだけでヒットだけどね。

 朱印はこちら。

 

次へ 全国異境巡礼第二弾のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO