全国異境巡礼第三弾 2003年3月15日〜22日

3月21日(金曜日・祝日)

階段を登り切り、境内へ。


まずは勅願堂に入る。いわゆる不動堂だ。この辺は真言宗らしい。

 
お堂への階段の両端に20体の武装した像が。十六善神と常啼菩薩、法誦菩薩、玄奘三蔵、深沙大将。大般若経に由来する神々らしい。とかくこのお寺は仏像が多くて大変だ。このお寺でシャッターを押した回数は実に50を数える。

 
不動明王は撮影しなかったが、波切不動だった。波切不動は船乗りに尊崇される不動明王のヴァリアント。その両隣に不動明王の分身である三十六童子が安置されていた。

 
不動明王の従える他の明王たちもお堂の角に安置されていた。左は・・・忘れました。多分組んでいる印から判断すると、グンダリだと思います。二人の人間を踏みつけている。右は金剛夜叉明王。


このお堂の壁面は夥しい数のミニミニ不動明王が配置されている。

次は摩尼殿。
 
写真は下から見上げた摩尼殿。二階建てのお堂、入口に長い屋根がついている。怪しい建築だ。

 
摩尼殿の入口にはなんと天狗!!宮島にもいた!摩尼殿への階段の手すりにはまたまた手で廻す筒が並んでいる。


摩尼殿はちゃんと二階建てになっていて、二階には千体阿弥陀。

摩尼殿を出る。まだまだ物件が・・・。続く。


次へ 全国異境巡礼第三弾のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO