全国異境巡礼第三弾 2003年3月15日〜22日

3月19日(水曜日)

旅も五日目。今日は痛めた右足を休ませるために、予定を変更してゆったりとしたプランで回ろうと思う。

遅く起きて、9:00頃バスで京都駅へ向かう。京都駅から向かうのは・・・。

保津峡駅

そう、駅そのものが目的地なんです。この駅はかなりの秘境駅なのです。360度どこを見渡しても人家はない。この駅に通じる道路はたった一つ。しかも幹線からは離れている。周りにあるのは、
 
保津峡。雄大な渓谷が目の前にある。向こうにはトロッコ鉄道の線路が見える(左写真)。川の水は翡翠色でとても奇麗だ。

 
この駅はトンネルとトンネルの間にある。こんなところを利用する人などいるのだろうか。実際、僕と降りた人は皆無、乗った人も皆無だ


しかもホームが橋の上にあるのだ。空中ホームというわけ。


これが駅前。駐車場には三台ほどが停車している。付近には何の施設もない。ここまで車で来てこの駅から通勤しているのだろうか・・・。駐車料金はタダだと思うので、ひょっとしたらそうなのかも。つい先ほどこの駅に通じる唯一の道路を通って車がやってきたが、降りることもなく3分もしないうちに来た道を帰っていってしまった。一体何しに来たんだろう・・・。

写真は撮らなかったが、こんな駅でも自動改札が据え付けられていた。半露天の自動改札・・・。こんなところが日本にあったなんて。さらに信じられないことにここの住所は京都市なのだ・・・。J-PHONEは圏外・・・。寒いなぁ・・・。

30分後やって来た京都行きの電車に乗ってこの駅を立ち去った。


次へ 全国異境巡礼第三弾のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO