全国異境巡礼第三弾 2003年3月15日〜22日

3月21日(金曜日・祝日)

さあ、実質的な最終日。足も治癒したし、今日は思いっきり旅をしよう。

宿をひきはらって岩国駅へ。ここから錦帯橋行きのバスに乗る。

錦帯橋

15分程で錦帯橋バスターミナルに到着。まだ8:00前だが24時間渡橋が可能だ。

錦帯橋は現在修復工事中。その奇麗なフォルムを拝めるかどうか心配していた。

しかしそれは杞憂。現在の工程は測量中で、余計な足場などは組まれていない。奥の、色の変わっている部分が去年の今頃に修復した部分。そして今年、真ん中の部分の修復に取りかかっているというわけだ。修復作業は去年から始まり、それから3年がかりで春だけに行われるという。平成16年の春に終了の予定。春だけに作業を行うのは、毎年この時期は水量が少なく作業がしやすいという理由から。手前のアーチの真ん中辺りで長い棒を持っている二人は作業員。測量しているのだ。

それにしても不思議な橋だ。真ん中の3つのアーチには橋桁がないのがこの橋最大の特徴だろう。橋の支えがないので、その代わりにアーチ形にして強度を保っている。そのためにこんな不思議なフォルムの橋となったのだ。北斎も描いている。


3連アーチと岸を繋ぐ部分は橋桁がある。とても格好いい!!


実際に渡ってみる。霜が溶けていない部分があるため足を滑らせないように歩く。アーチ部分の傾斜は思ったより急だ。


錦帯橋の先には岩国城がたつ山が。この先の吉香公園には白蛇観覧所があるそうだけど、こんな朝早くに見学できるとは思えない。

すぐにやって来たバスに乗り込み、岩国駅へ引き返す。


次へ 全国異境巡礼第三弾のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO