全国異境巡礼第三弾 2003年3月15日〜22日

3月21日(金曜日・祝日)

大聖院から厳島神社方面へ戻り、五重塔が建つ付近へ。

千畳閣

千畳閣の手前の階段には竜髭の松がある。

仰々しい名前を持つわりにはしょぼい。竜のひげかなぁ。


五重塔。フツーです。


崖の上の鹿。袋小路だよ、絶体絶命!!どうする鹿?

 
これが千畳閣。広い舞台のような建物。上に上がるには100円が必要。


上を見上げると天井がスルー。何本も組木がなされていて、どこまでも続いているようだ。


天狗の面が掲げられていた。やっぱり宮島には天狗伝説があるのかな。


時計板のようなものもぶら下がっていた。これは真上を見上げて撮影している。文字盤が床を向いている。


千畳閣も懸け造り的な雰囲気。ここをくぐって進むことができる。こういう趣向は大好き。

一通り見終わったし、そろそろ帰ろうかな。この旅も予定の上ではこの宮島が最後の訪問先。


帰り道に見つけた神厩。神の遣いである白馬を入れておく馬小屋。日光東照宮では本物の白馬がいるけど、ここは・・・フェイクかよ!!「先生、何故お馬さんの目は赤いの?寝てなーいからー!!」。

乗船。

さよなら宮島。また来るよ。今度は一日いよう。修学旅行で僕は何やってたんだよ・・・。

宮島口駅に戻ると時刻はもうお昼近い。お腹すいたな。宮島口の名物駅弁あなごめしが食べたい・・・。金1470円也・・・。高いよ。

ここで予定は終わる筈だったのだが・・・。


次へ 全国異境巡礼第三弾のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO