佐和山歴史公園:滋賀県彦根市

地図(マピオン)「佐和山歴史公園」は地図に出ないが、国道8号線のトンネル入り口付近。 東海道線彦根駅から徒歩15分。国道には横断歩道が無く、横断するのは難しいし危険。マピオンの地図にある白い細い道を通り、国道の下をくぐって到達するのが安全。 

 次に向かうのは、彦根市の佐和山歴史公園。彦根市のお城というと、彦根城だけど、佐和山にも城があった。石田三成の居城だったそうですが、今はありません。しかし、石田三成大好き人間のオヤジが一人で作っちゃった佐和山城があるというのです。あらゆる観光ガイドから一切無視され続けているこの城。これは是非行かねばなるまい。早くしないとなくなっちゃうぞ!


いきなり金閣寺登場。その前には戦隊モノっぽく仏像どもが。


はい、つくりかけの物件です。オヤジがせっせと作ってました。

 
鉄骨作りのこんな物件も。奥の国道ではトラックが走ってます。


はい、これがお城。一人で作ったっていうのは、結構凄いよね。

 お休処らしいけど、閉鎖中。入れません。テーマパークにしたかったらしいのですが、城も閉鎖されています。そこで、鍵を抜いて扉を開いてみました。中には博物館のようなガラスに囲まれた展示スペースがありました。ここにいろいろ展示したかったのでしょうね。中は荒れていました。


オヤジさんが大好きな三成くんです。

 
佐和山城から見た彦根城。向こうの山の頂点に見えます。大観音もある。

 

 金閣寺が迫ってきました。何故か一階はむき出しになっていて、四天王が2体邪鬼を踏みつけております。手作りにしてはかなりの出来だと思います。


でも、これは悲しいよね・・・。はりぼてです。

 これは佐和山美術館。でも閉鎖中。立て札には「ご用の方はインターホンを鳴らして下さい。」とある。確かにインターホンは付いているが、押す勇気はありませんでした・・・。でも中に入りたかったなぁ。

 はい、仏像戦隊です。赤いのは不動明王って分かるんだけど、あとの5体は何?四天王っぽいけど、5人だしなぁ。なんかよく分かりません!

 まぁ、でもこれだけのモノを一人で作っちゃうオヤジは大したもんです。本当に。近づくのはかなり怖かったので、遠くから見ているだけでしたが、せっせと作っていました。結構お年をめされているようで、ちょっと心配です。あまり無理しないで、頑張って欲しいと思います。でも、いつまでも夢を追い続ける姿に少し感動しました。挫けずに頑張って下さい。


次へ 日本奇勝巡り第一弾トップへ戻る トップへ戻る
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO