京都異境巡礼 2003年7月27日〜8月2日

護王神社から次の訪問先へは再び徒歩で。烏丸四条以北の烏丸通りはバスの本数が泣けるほど少なくて困る…。

頂法寺(六角堂)

西国三十三ヶ所の一ヶ寺である六角堂。その名の通り、本堂が六角である。


高いビルが立ち並ぶ中に六角堂は建っている。


横から見ると六角なのが分かる。後ろで二人のOLがお昼を食べていた。その他いろいろな人たちがくつろぐ憩いの場となっているようだ。

 
賓頭盧尊者像。その上でハトが完全に眠ってました。気抜きすぎだ。デジカメで接写可能。もう一羽は目を覚まして警戒していた。

 
お堂の傍らには涼しげな庭園が。

その池には

これまたかわいいお地蔵さんが!


なぜかふくろう。森の賢人がここで何してる。


妙に老けてる観音像発見…。げんなり大爆発。

隣のビルから六角堂がよく見えるということなので、早速侵入。一階はカフェにもなっていて侵入しやすい。しかし二階から上は完全に一般企業が入っているオフィスビル。許されている行為なのだが、なぜかコソコソしてしまう…。


エレベーターの中から撮影。不運なことに一人のOLが同乗してしまった。弁解してもヘンな人だと思われそうなので堂々と撮影。


六角堂の外壁には「頭上注意」の札が。その上を見るとなぜか桃…。

今日も疲れた。いい時間なので宿に戻る。今日はあまり面白くなかったかも。

あと一泊。京都市内の物件はほとんど見尽くしたような気がする。南禅寺南に日向大神宮という神社があり、そこに天の岩戸と呼ばれる洞穴があるとのこと。気になる物件だ。しかし、そこに到達するには少々歩かなくてはならない。日が傾いたとはいえまだ気温は高い。そこで日が沈んで少し涼しくなってから出かけることにした。神社だから拝観時間の制限はないだろう。

風呂に入って食事を終えた後、日が暮れ始めたので早速出かける。

宿から地下鉄蹴上駅方向へ向かって歩く。途中インクライン跡があったので少し散策。

灯りもなく周りの様子がよく分からない。少し不気味感あり。

日向大神宮へ向かうが…道順があまりよく分からない。適当に案内が出ていると思っていたらそんなものはひとつとしてなかった。蹴上駅前の通りから山の方向へ細い道が出ていて、そこを進んだところだったような気がするが…。


ん?この先か?妙に風情のあるトンネルです。


トンネルを抜けてみると…。真っ暗。街灯なるものがひとつもないのだ。これでは到達不能だ。諦めよう。

結局夕涼みの散歩になってしまった。でも京都最後の夜を少し楽しめたようで良かったと思う。


次へ 京都異境巡礼のトップへ トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO