近江京師巡礼 2007年8月11〜14日

稲荷駅で下車。初めて京都に一人旅でやってきたときに泊まったのは、アーバンホテル京都。初めて一人で泊まった宿でもある。この駅から歩いて行く。大げさだが、印象深い駅だ。


ランプ小屋。ここは何度も見ているが撮影したのは初めてだ。「国鉄最古の建物」という説明がある。煉瓦造りなのに屋根が瓦だ。


稲荷駅前は景観が良い。

宝塔寺

 
日蓮宗の寺院。自分が日蓮宗の寺院に訪問するのは滅多にない。宗派がどうということではなく、本尊が文字曼荼羅であり、仏像が無いからだ。また、どういうわけか日蓮宗の寺院では堂宇内部を拝観させてくれることが少ないため、あまり自分にとって魅力的ではないと感じている。


多宝塔。寺名の由来だ。二層目がやけに細く危うい印象がある。

 
本堂。内部は拝観できず。本堂左から回廊がでており、倉らしき堂宇と接続していた。


その回廊の中心にはアクロバティックな楼が。かっこよすぎる…。


他に不思議な構造を持つ門も観た。

もう13時半を過ぎた。最後に博物館を控えているため、早々に東福寺を観て寺院巡りは締めよう。


次へ 近江京師巡礼 トップへ
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO