更新履歴

フエの陵墓・王府祠堂巡覧 2015年3月6~10日

ヴォン・カン丘

Vọng Cảnh

< pre / next >
index / site top

ヴォン・カン丘

次の陵墓に向かう間に結婚式帰りの人々に遭遇。みんな立派なベトナムの伝統服を着ている。ユンさんによると「今日はgood dayだから」らしい。日本でいう大安みたいな日だろうな。


10:25。次は思陵(ドンカイン帝廟)周辺に行ってもらうつもりだったが,その手前で立ち寄れるということでヴォンカンVọng Cảnh丘で車を駐められた。効率の良いルートの順で予定表を書いているのだが,ユンさんはこういう風にアドリブを入れてくる。私が想定していたのとは違うルートを選択した結果であるが,行くはずのところをスルーされては困るので,忘れてしまわないように気をつけなくては。


陵墓巡りとは関係がないが,この丘は眺めが素晴らしいので,今回行程に入れてもらった。

松林を抜けて行ったところが丘となっている。


バイクがたくさん駐車している。地元の人が集まっているのだろう。


この河の下流がフエ市外を流れ,紫禁城のある旧市街と新市街を分ける自然の堀となっている。


地元の人がピクニックに訪れていた。今日は日曜日。若者が集まって賑やかにしていた。


実はヴォンカンにはトーチカが何基か存在する。流石に今は使用されていないが,河に突き出た丘という地形から,見晴らしが良く要衝となっていたのだろう。

なおVọng Cảnhはハノイ方言に従うと「ヴォンカイン」とカナ表記されるが,フエ方言(というより南部方言?)ではヴォンカンと表記した方が近い。実際ユンさんはそのように聞こえる音で発音していた。


SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO