更新履歴

フエの陵墓・王府探索 2016年2月18~23日

永豊陵

Lăng Vĩnh Phong

< pre / next >
index / site top

永豊陵

武廟からさらに東進し,アジアンハイウェイとの交差点まで来た。もう11時だ。

ティンムー寺院のあたりの喧噪はすっかりなくなり,だいぶ人気もないところに来た。通りの幅は大きいが,それほど交通量もないアジアンハイウェイ。

上の地図で交差点から南へちょっと行ったところの林の中,アジアンハイウェイ沿いに永豊陵Lăng Vĩnh Phongがあるのだが,よくみるとアジアンハイウェイにはガードレールがあるし,アジアンハイウェイは高台にあるので,そこから直接陵墓へは行けないだろう。うーんとうなっていると,ツーリング中とおぼしき若者たちが寄ってきた。ちょっと危険を感じるので警戒を強めよう。「may I help you?」と言われたので地図を見せて,ここに行きたいと言って地図中のLăng Vĩnh Phongという文字列を示す。女の子が「lang?」と仲間に訊いていたので,彼女は「陵」のことが分からないようだった。なので「mo」と言ってみると,なんとなく分かってもらったようだった。

彼らからちょっと離れておきたいので,少し歩いて周りを見てみると,陵墓の方向へと伸びるあぜ道のようなものが見えた。左手はトウモロコシ畑だ。彼らの親切心はありがたいが,トラブルは避けたいので,「あ,この道だ。じゃあ,ありがとう」と言ってそそくさと自転車を出して,あぜ道を下ろうとすると,「君,こっちの道じゃないの?」と怪訝な顔をしていた。「アジアンハイウェイにはガードレールがあるだろ,あれを降っては行けないから」と言ったが,それでもあまり納得していない。英語は達者だが,彼らもやはりベトナム人。地図は苦手のようだった。さっさと道を下ってしまおう。

少し進んで振り返ってみると,まだ彼らがたむろしていた。これからさらに人気の無いところに行くので,あまり関わりたくない。申し訳ない。後ろを振り返らず,さっさと自転車を進めてしまう。田圃を縫うかのように伸びる「道」。

枯れ葉が自転車の進行を阻むので,もう歩いてしまう。既にバイクでは入ってこれないところ。足早に歩けば,行き先は分からなくなる。この林。すごいな。

Google Mapsを頼りに正しい方向を進むと,見えてきた…。アーチ型の門ではない。左側の門柱はなくなってしまっている。

屏風の正面(左写真)には,かすかに装飾が認められる。おそらく鳳凰だったのだろう。陶器の破片も少し残っている。裏面(右写真)にも鳳凰。ここに祀られているのは女性なのだ。荒れている割には,屏風はそこまで損傷が酷くない。

内側の城壁入口。左の門柱が崩れている。草木の生え方も凄い。管理がなされていないようだ。

宝城に器があり,かすかに人の導線もあるが,この荒れ具合は他の陵墓とは比べようもないほどだ。城壁内で木々が生長してしまっている。裏手の屏風だが,内側の城壁がもとから低いのか,あるいは崩壊して低くなってしまったからなのか,外側の城壁の方が高い。レンガではなく石を積んだもののようだ。

残念ながら文字資料もなかった。永豊陵に祀られているのは,広南阮主8代目の阮福澍Nguyễn Phúc Chúの正室孝寧皇后Hiếu Ninh Hoàng Hậuである張氏書Trương Thị Thưだ。

既に11時を過ぎており,空腹を覚えてきた。晴れてきて暑さも感じる。水を飲んで渇きと空腹を紛らわす。だが昼食はまだ先。このペースだとあと1時間半は食べられない。この辺りは田舎なので適当な店すらないのだ。気合いを入れよう…。

田圃の先には水牛の親子が。撮影すると親がこちらを注視しはじめた。やばい…。以前牛に追いかけられそうになったので,急いで自転車の場所まで戻る。子連れで警戒しているのかもしれない。

SEO [PR] J[hr @₦΍ h ^T[o[ SEO