更新履歴

播州の古刹巡り 2008年5月3日〜5日

本願寺神戸別院

ほんがんじこうべべついん

神戸市中央区下山手通8-1-1

花隈駅すぐ

マピオン

pre / top / next

本願寺神戸別院

次に向かうは別名「モダン寺」と呼ばれる本願寺(西本願寺、真宗本願寺派)の別院。なぜ「モダン」なのかは見てからのお楽しみ。

モダン寺の前に現れたのは巨大な日蓮像。

本寿寺とある。白いコンクリート造りでこれも「モダン」かとは思うが、本物のモダン寺はこんなもんじゃない。

さあ、見えてきた。どうやらこれがモダン寺らしいぞ。

異様な雰囲気。モスクで見たような尖塔らしきものも立っている…。

ぐるっと前に回ってみよう。

これは!

絶句。

キリスト教会のようにも見えるし、モスクのようにも見える。しかし、窓の形が火頭窓になっていることで、かろうじてこの建物が仏教寺院であることが分かる。

それにしても凄い…。

キリスト教会を意識しているのではないかと強く思ったのは、三階部分の左右に、キリスト教会の聖人のような彫像があるからだった。

真宗だから、おそらく阿弥陀の脇侍である観音菩薩と勢至菩薩だろうな。

日が暮れるとライトアップまでするとか。

伊東忠太の築地本願寺も凄いし、本願寺というのはやってくれる。

内部に入ってみた。多分大丈夫だろう。

本堂は三階らしいな。そうか、だから外観の三階部分に阿弥陀の脇侍の彫像があったのだな。

しかし、この各階ご案内も凄いもんだね。

エレベーターで本堂にアクセスするというのも初めてかもしれない。

またまた絶句。これが本堂かよ…。他にステンドグラスまであったぞ…。うーん、かろうじて像が収まっている部分が東南アジアの仏教風味だな。それくらいかな…。

改めて見ても凄い迫力…。まるで城じゃないか。

さて…。神戸はこれで終わりにしようか。ホテルに帰ろう。疲れたよ…。近くの神戸高速鉄道の花隈駅で三ノ宮まで戻り、そこから再び徒歩でホテルへ。最後の頑張り。

pre / top / next


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO